スタートUPÑ

目安時間:約 6分
新しいことって始めると、まず最初にあることに気が付きませんか?
その内容が聞いたことないような内容だったしたら尚更です!

それは近しい人の程協力をしてくれないってことです。
逆に心配だからって言葉でやめさせようとするってこともあります。

仮にその人の方がビジネス経験も豊富で何社も会社を起ち上げている人なら別ですよ。しかもそのよう存在なら、こちらこそ、まず色々なことを相談していると思いますしね(笑)
協力してくれるのは、“騙されない“とか、”お金を奪おうとはしていない“って事実が分かってからです。だから即行動起こしてくれる人がいたら、心から応援してくれている人って見極めることも簡単にできますよね!

確かに新しいこと始めると他人は心配してくれます。でも心配ってありがたいけど、こちらから言わせると成長の妨げにしかならないって思うんですね。
なぜかと言うと心配って、その行動をどうやって止めさせよう、としか考えていないからなんです。

一番のショックだった言葉は「友達なくすようなことはするなよ!」って言われたことですね!
こちらとしては、まずいい情報だから友達に伝えたいって思っての行動を、そのような言葉で返してきます。

でもね、はっきり言ってどちらも正解だと思うんですね。警戒するのも分かるし、いいものだから伝えるってこともわかります。
でも、甘いもの大嫌いなのに「日本一美味しいどら焼きだから食べてみて!」って言われたって甘いもの嫌いな人はありがたくないのと一緒だって気が付いたんです。

良いものを勧めたい以前に、何故進めたいのかの理由がないと伝わるものが余計伝わらなくなるってことだと気が付いたんです。

それは、

例えば投資用不動産で良い物件の話をたまたま頂いたとします。
それを友達何十人かに勧めたところで売れるわけがないですよね!

友達の中に投資用不動産に興味ある人いるか、またはとその友達で興味ある人いるのかの確認をすれば、もしかしたらいるかもしれないですよね!
そして、自分自身が決めていないと相手には伝わりません。

決めるって言うのは、絶対に○○するんだって決意みたいなものです。
目標の明確化の次の絶対的な理由の明確化です。

友達などには自分が良いと思ったから勧めたってなりませんか?
それって明確な目的がありませんよね?

実は、絶対的理由が明確化されていると先日も書いた明確化された価値観で自分の行動を上げることが出来る、つまりは目標を達成することが出来るんです
実は感情って目標と紐づいているの知っていますか?

目標=感情
こんな感じです。

何か目標を掲げます。そして、どうしてそれを達成しなければならないのか考えてみてください。
深堀していって出てくる言葉と言うと、、、感情なんですよ!

それぞれの感情

僕の今でも持っていますが、最初の頃の目標って「自分と出会った人たち全てを幸せにしたい。日本を元気な国にしたい!」でした。でも、他人は人から幸せを与えてもらうことはできないことを知りました。
しかし、何故「自分と出会った~」、のような目標を掲げたのか深堀しました。

日本の人口が1億2千万人くらい、今はもっと下がっていますけど当時の感情で書きますとそれくらいですね。

そして、その中から出会うことのできた人たちって特別だと思うんです。
世界を見なくても日本人とですら、半数以上の人と出会うことなく、生きていく中で出会ってビジネスや非ビジネスで知り合うことの出来た関係性を大事にしたいって思いました。

更に掘り下げると、その人たちの中で何か役に立てる存在でありたい!って思おいがあることに気が付きました。なんでそう思っているのかを更に掘り下げます。
そうすると出てくる答えは、「あらゆる人に認められたい」でした。

確実感と貢献が自分の価値観としてはしっくりくる部分ですね。
自己承認がまだまだ足りていなかったころの状況が丸わかりだって思いました。

でも、目標を決めた突き進むときに、その目標に対して自分に「なんで?」を繰り返して質問していき感情の言葉が出るまで掘り下げていくとその感情に行きつくことが出来ます。
自分の事ってなかなか見つめなおす機会ないと思っていませんか?

自分をちゃんと知ることで大きな成長を達成する近道を手に入れることが出来ます。
多くの成功者たちは、自分に対するやらなけらばならないことを一杯自分自身に課しています。その一つに、目標を手帳に書き込んだり紙に書きだして壁に貼ったりして、成功した時の自分を想像してその像と自分をシンクロさせたりしています。

成功者の行動は成功者以外マネしていないことがたくさんあります。
そして、目標に対して絶対的理由をもって行動できています。

私たちもそれに倣って行動を起こしましょうよ!
そのために必要な一つが目的の明確化の中の絶対的理由の明確化でした。

にほんブログ村 経営ブログへ

にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ