安定感はリピートをヨブ

目安時間:約 6分
朝の通勤時間帯の気温がだいぶ冬っぽくなってきた。
明日でいよいよ今年もあと2ヶ月になる季節だけに当然に言えば当然だ。

冬になる前って心なしか物悲しい気分になるのは寒さのせいだけではない気がする。
それは、今年の初めに考えた目標を達成できなかったり、又は一つ恋が終わったなど色々あるともう。

そんなこの時期に、最近朝に良くいくコンビニでつい寄ってしまうコンビニがあるんです。
そこには、なぜか行きたくなってしまう気持ちにさせる仕掛けがあるのだ!

最近僕が良くいくコンビニと言うのは、コンビニ専用のプリペイドカードでお買い物の出来るコンビニ、スーパーでも使えるカードの所です
そのコンビニは特別変わったところがあるわけでもありません。まして僕にとって立地的に便利なコンビニは他にもあります。でもなぜか足がそのコンビニに向いてしまうわけとは、、、

それは、レジでの対応です。
支払い時の何気ないやり取りです。先ほども書きましたが、朝の忙しい時期ですのでレジを打っている方と会話を楽しむことではありません。

そこである本当に何気ない言葉なんです。
それは、支払い時に、こちらがプリペイドカードでって言ってレジ横のカードを当てるってときに「ナナ〇で!」って言いますよね!その後なんですよ(笑)

「はい、ナナ〇さんね~」って言ってくれるんです。そして、支払った後は「言ってらっしょい」って言ってくれます。
これ、特別嬉しいとか、胸キュンするとかではないのが良いんですよ!言われて嫌な気持ちがしないし、なんかありがとうって逆に思ってしまうってところだと思っています。

流石お姉さまたちですよ!
それは人生経験がなせる業かも知れません。

これって

例えば20代の可愛いらしい女の子が「ナナ〇さんですね!」って言うの恥ずかしいかもしれませんし、また平気でできる子がいても可愛いって思うとはおもいますがそれは勘違いしてしまう人が出てきそうじゃないですか!
そこ行くと僕からしても人生の先輩のお姉さまたちは安定感抜群ですよね!

多分ですよ、自分の子供の頃、学校行くときに母親に「行ってらっしゃい!」って送り出される感覚と似ているのかもって思いました。だからこそ、何となく朝あのコンビニに立ち寄ってしまうと分析してみました。
そして、思ったは、、、


それは、あのお姉さまたちみたく自分に出来ることを最大限にやることの大事さです。
ナナ〇さんと言うのと同じくらい、自分でやってみようて思った事をまずやってみるって行動力の大事さに改めて気が付きました。

それは、自分がもしかしたら、恥ずかしいって思ってやれなかったこととかあると思います。
でも一歩踏み出してしまえば意外と簡単だったことが一杯あったじゃないですか!

そして、恥ずかしいとか失敗したらどうしようって想いってあなたの固定観念であって事実とは関係ないって何です!つまり、恥ずかしいって思うけどやってみると受けては「あの人、恥ずかしいことしているな~」って思わないって事です。いや、まれに思われるかもしれません。でもそれも事実と関係ないことです。
フォード自動車の創設者のヘンリーフォードはこんな言葉を残しています。
「あなたが出来ると信じようと、できないと信じようと、どちらも正しい」
なるほどって思いませんか?そうしたら思いついたこと全てやりつくすって良いと思いませんか?
どちらも正しいのであれば、その行動によって一歩前に出ることの出来る行動を起こすことが前進するためには必要な行動だって思えますよね?

間違った信念を持っていると一歩前に進むことが出来ません。そして、我々コーチングを受けた人は、その間違った信念のことをリミティングビリーフと言います。
そのリミティングビリーフを持っている限り目標も達成しようとか新しい行動に移すときの障がいに成ってしまう、つまりは行動を止めてしまうネガティブな信念を植え付けるんです。

それは意外と幼少期の経験だったり他にも色々あります
それによりあなたが自身に間違った信念を植え付けるって事をしてきたんです!だったらしょうがないじゃんって思うかもしれません。そして、自分はだからできないんだって諦めてしまうと思います。

でも、先ほども書きました、「あなたが信じていることであり事実とは関係ありません。そして、出来るも出来ないもどの様に信じようともどちらも正しいってことも知りました。
なのでリミティングビリーフを除去さえすれば怖いもの無しになれるかもです。
なぜかと言うと、リミティングビリーフは目標達成に向かうための行動を止めてしまうネガティブな信念だからです。

我々は本当に必要ない思考にとらわれすぎるんです。なので自分でも心から相手の事を思いやってほんの少しの優しさと、ほんの少しの勇気で古い信念を取り除いていきましょう!
なぜなら、リミティングビリーフは自分で後付けしていった間違った信念だから取り除き可能なんです!

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリ:free  [コメント:0]

スタートUPÑ

目安時間:約 6分
新しいことって始めると、まず最初にあることに気が付きませんか?
その内容が聞いたことないような内容だったしたら尚更です!

それは近しい人の程協力をしてくれないってことです。
逆に心配だからって言葉でやめさせようとするってこともあります。

仮にその人の方がビジネス経験も豊富で何社も会社を起ち上げている人なら別ですよ。しかもそのよう存在なら、こちらこそ、まず色々なことを相談していると思いますしね(笑)
協力してくれるのは、“騙されない“とか、”お金を奪おうとはしていない“って事実が分かってからです。だから即行動起こしてくれる人がいたら、心から応援してくれている人って見極めることも簡単にできますよね!

確かに新しいこと始めると他人は心配してくれます。でも心配ってありがたいけど、こちらから言わせると成長の妨げにしかならないって思うんですね。
なぜかと言うと心配って、その行動をどうやって止めさせよう、としか考えていないからなんです。

一番のショックだった言葉は「友達なくすようなことはするなよ!」って言われたことですね!
こちらとしては、まずいい情報だから友達に伝えたいって思っての行動を、そのような言葉で返してきます。

でもね、はっきり言ってどちらも正解だと思うんですね。警戒するのも分かるし、いいものだから伝えるってこともわかります。
でも、甘いもの大嫌いなのに「日本一美味しいどら焼きだから食べてみて!」って言われたって甘いもの嫌いな人はありがたくないのと一緒だって気が付いたんです。

良いものを勧めたい以前に、何故進めたいのかの理由がないと伝わるものが余計伝わらなくなるってことだと気が付いたんです。

それは、

例えば投資用不動産で良い物件の話をたまたま頂いたとします。
それを友達何十人かに勧めたところで売れるわけがないですよね!

友達の中に投資用不動産に興味ある人いるか、またはとその友達で興味ある人いるのかの確認をすれば、もしかしたらいるかもしれないですよね!
そして、自分自身が決めていないと相手には伝わりません。

決めるって言うのは、絶対に○○するんだって決意みたいなものです。
目標の明確化の次の絶対的な理由の明確化です。

友達などには自分が良いと思ったから勧めたってなりませんか?
それって明確な目的がありませんよね?

実は、絶対的理由が明確化されていると先日も書いた明確化された価値観で自分の行動を上げることが出来る、つまりは目標を達成することが出来るんです
実は感情って目標と紐づいているの知っていますか?

目標=感情
こんな感じです。

何か目標を掲げます。そして、どうしてそれを達成しなければならないのか考えてみてください。
深堀していって出てくる言葉と言うと、、、感情なんですよ!

それぞれの感情

僕の今でも持っていますが、最初の頃の目標って「自分と出会った人たち全てを幸せにしたい。日本を元気な国にしたい!」でした。でも、他人は人から幸せを与えてもらうことはできないことを知りました。
しかし、何故「自分と出会った~」、のような目標を掲げたのか深堀しました。

日本の人口が1億2千万人くらい、今はもっと下がっていますけど当時の感情で書きますとそれくらいですね。

そして、その中から出会うことのできた人たちって特別だと思うんです。
世界を見なくても日本人とですら、半数以上の人と出会うことなく、生きていく中で出会ってビジネスや非ビジネスで知り合うことの出来た関係性を大事にしたいって思いました。

更に掘り下げると、その人たちの中で何か役に立てる存在でありたい!って思おいがあることに気が付きました。なんでそう思っているのかを更に掘り下げます。
そうすると出てくる答えは、「あらゆる人に認められたい」でした。

確実感と貢献が自分の価値観としてはしっくりくる部分ですね。
自己承認がまだまだ足りていなかったころの状況が丸わかりだって思いました。

でも、目標を決めた突き進むときに、その目標に対して自分に「なんで?」を繰り返して質問していき感情の言葉が出るまで掘り下げていくとその感情に行きつくことが出来ます。
自分の事ってなかなか見つめなおす機会ないと思っていませんか?

自分をちゃんと知ることで大きな成長を達成する近道を手に入れることが出来ます。
多くの成功者たちは、自分に対するやらなけらばならないことを一杯自分自身に課しています。その一つに、目標を手帳に書き込んだり紙に書きだして壁に貼ったりして、成功した時の自分を想像してその像と自分をシンクロさせたりしています。

成功者の行動は成功者以外マネしていないことがたくさんあります。
そして、目標に対して絶対的理由をもって行動できています。

私たちもそれに倣って行動を起こしましょうよ!
そのために必要な一つが目的の明確化の中の絶対的理由の明確化でした。

にほんブログ村 経営ブログへ

にほんブログ村

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

エボ〇タ君はゴイスー!

目安時間:約 6分
良くサラリーマン時代に周りの連中に言われていたこと思い出しました。
それは「電池切れたらすぐわかる!」って言葉です。

明らかにパフォーマンスが落ちるどころの騒ぎではなかったんです(笑)
本当にピタっと、動かなくなるくらい集中力が切れるんです。

でも、これには本当は訳があったんですよ!(言い訳(/ω\))
サラリーマン時代の僕は仕事の関係上、営業マンではあるけど現場納品にも出張ることがよくあったんです。で、その現場でやる気が切れるってことがしばしばあったって話なんです。その原因があるよってことです。

それは、単純に周りにやってくれる人がいたから~、なんです。
僕のいた会社は生産性ってものを全く求めない会社だったんで、「現場で納品まですることを含めて営業だろ」って訳の分からない信念のある会社でした。

なので、納品規模によっては先輩や後輩総出で納品なんてことありました。まさにその日は営業活動がされていない1日であるのにOKな浪花節が大好きな会社です。
これって確かに販売店さんにはありがたがられますけど、その日の生産性を全く考えていない会社を販売店さんってどう見ていたのか疑問に思うんです。

確かにありがたいってお言葉頂けたし、販売店さんの為に頑張れたって嬉しいんです。
でも、販売店さんにありがたがられる方法って営業マン総出で納品手伝う事ではない気がしていたんです。そして、どこからか「うちはこのやり方なんだよ!」って言ってくる上職の人間がいてって。。。

正直同業他社で儲かっている会社が何故それをやっていないかを疑問にも思っていない見識の無さに、いつまでもこのままの状態が続くと思っているねじの緩い集団って思ってしましまいましたね。
なので今では本当にサラリーマンを辞めたことに、心から良かったって思っていますよ!

あ、長めに話それましたね、電池切れは周りに代わりにやってくれる人がいるときに起きていたことなんです。
結構現場好きな人っていたりしませんか?そのような現場出ると張り切る人などがいると「俺の分まで頑張って!」って思ってしまうので電池切れ起きるんです。

僕は正直言って現場は好きでも嫌いでもないんです。
元々自営業だったから、営業から販売、納品、請求、集金ってやっていましたからね。

ただ、会社員になり営業職を与えられ、他のことはやる人がいるのに「なぜ、納品まで?」って気持ちがあったんです。
確かに自分のお客さんであれば立ち会うのは大事なことだと思います。

だけど先頭に立って汗水たらしていたら、誰が指揮を執るのか分からない現場ってことです。何かトラブルがあったときに対処が遅れることが実際にありましたからね。
なので、電池切れのふりをして状況を見極める役目を開始していたってことも、ほんのちょっぴりはあるんです。

価値観の違い?

これは会社と自分の価値観の違いだと思います。
やっぱり営業と名がついたポジションを与えて置いて納品で1日潰せる環境って、会社自体が売り上げ伸ばしたい気持ちあるの?って思ってしまいますよね~。

でも、これその会社で言ったら「だったらお前がそうならないようにすればいいだろ」って言われてお終いです。
これは結構難しいところなんですけど、ある程度の自由は必要ですけど、この前も書いたように会社の方針も大事です。具体的な行動の支持もないのにどうにかしろって言われたって出来るわけないんです。

僕はマニュアルって必要だと思っています。それこそ電話対応にしてもマニュアルがあったほうが良いと思います。
あの人が出ると気持ちがいいけど、ある人が出ると気分悪いって会社ありませんか?

あれ、何故電話対応すら徹底できないと思いますか?
強引にでもマニュアルを作って徹底させればいいだけなんです。

電話対応は会社の基本ですよ!初めて電話した人に対応悪いって思われたら一生電話かけてこないですからね。それくらい大事だって思わないといけないのに改善していないところ多いですよね!
僕の知っている大変お世話になった会社さんは、電話対応を徹底して改善した時期がありました。その時期を知っているだけに凄く大変であったとは思います。どう変えたかって言うと、当たり前でしょ!って思わる方も多いかもしれないですけど「毎度ありとうございます○○社○○でございます」って言うようになっただけなんです。

でも、たったこれだけでも今までやっていない会社だったとすると結構徹底するのは大変なんですよ!でも、それを徹底させたことによって本当に感じのいい会社になりましたね。
そうなるとどうなって行くと思いますか?

それは、感じのいい人しか来なくなるんです。採用面でも楽ですよね?
会社の価値観も、自分の価値観も明確化しておけば、周りは同じ価値観の人が集まってくるもんですよ!

価値観の明確化

先日の3つの質問に対して答えをいっぱい書いた中の、共通して出てくる多い言葉があなたの価値観ですって書きました。
では、その中から、どの感情的ニーズがあるか特定できる言葉を伝えます。

いかがですか?
この中にあなたの本当の感情を発見することが出来たんじゃないでしょうか?

その価値観がもたらすニーズで自分の出来ることを考えてみてください。
それが今の “あなたの資本” です!

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリ:ビジネス  [コメント:0]

1 2 3 6
2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページの先頭へ