〇〇になりま~す。無理!

目安時間:約 6分
仮に、来年小学生に上がる子どもがいる家庭とします。
その家庭での悩みは、未だに“おねしょ”が治っていない息子のこと。。。

子どもの成長ってこの時期は特に寂しさと、期待の両方が入り混じる感じですが、来年から晴れて小学生のそんな彼。
そして、今まで幼児だと思っていた体つきも気がつけば成長が身長に持っていかれて、可愛い幼児の体系をしていたのがほっそりとして行き、言葉も今まで以上に生意気になっていて、あの可愛い時をもう少し味わいたかったって寂しさを思うってことです。

そんな中、最近の起床は彼が怒られている声が僕の目覚まし時計代わりです。
毎日のように“おねしょ“をしている息子、どうしたら治るのか頭を悩ます母親。。。

そして、いっそ本気でオムツを考えるけどそ、れを拒否する息子、それでも朝目を覚ますとまた世界地図を布団に描き出してしまう、地理の大好きな息子。
これに辟易としている母親からある言葉を聴いてビックリ( ゚Д゚)

「そんなんじゃクリスマスプレゼント買えないよ!」

!!!!!!!!!!!!?
クリスマスプレゼント買えないよ?

それって言ってもいいの?って頭を過ります。だって買えないって言葉ですよ!これはかなりのショックを受けるでしょう!
なによりもプレゼント買ってもらえない事実よりも“サンタさんからプレゼントを貰えるんじゃないんだ!”って事実を説明していると一緒じゃないですか!

これには息子も相当なショックを受けているのではと思いつつも、彼の顔を覗き込むと、、、それどころではないって表情ですよ。
なぜかっていうと、プレゼント買ってもらえない方がショックなんですから!

そうなんです。新しいおもちゃで遊べないことがショックでサンタさんだろうが親だろうが誰が買っても問題ではないんです。
しかし、大人は事情が違うわけで、以前サンタさんはいない的な発言を僕がしようとしたら絶対に止めてとクギを刺した本人が、そのような発言をしたことに気が付いたのでしょうか、「サンタさんからもプレゼント貰えなくなるよ!」って発言が出てくるじゃないですか?。

ん?彼らってプレゼント何個貰っているんだ?って考えます。そういえばクリスマスって彼らから言うと、おじいちゃんおばあちゃんからのプレゼントとサンタさんと僕らからってプレゼント貰っています。今やお年玉より大変な行事が彼らのクリスマスではないだろうかって思いました。
そして彼の世界地図を描いてしまう症状はいつ終わりを遂げる行動を本気で起こすのか考えながらあることを思いました。

大量行動

何か自分の行動を変えるには、「はい、明日から今までと180度違う行動をします!」って宣言して出来る人は当然いません。
自分の今までのやり方(考え方・信念)で得たい結果が得られていないのなら、そのやり方(考え方・信念)を変える必要があります。つまりは結果を得るための自分を創る必要があるってことですね。

例えば月に60個の英単語を覚えるって決めたとして、1日に2単語覚えれば可能ですけど2日に2単語覚えていたら月に60個の英単語を覚えることは不可能ですよね。
だったら今までの行動を改める必要があると思いませんかって話です。

これって以前から書いていることですけど、自分を変えることではなく、行動を変えるってことで得たい結果を得ましょうってことなんです。
例えば「時間がない!」って言っている人でも5分と時間がないって人いないと思いますけど5分で出来ることって探したときに、必ずあるはずなんです。それを自分の得たい結果にフォーカスして見つけて毎日5分だけでも実践していったら1年後どれだけ今までとは違う情報を発信できる人間になっていると思いますか?

あなたも自分の得たい結果を想像して、考えてみてください。。。
それは得たい自分の将来像に近ければ行動しない手はないと思いませんか?

突然ですがDRMって何のことだと思います?
この場合はダイレクトレスポンスマーケティングを差します。

これは打ち出した広告に対して何%の反応があったかを知りながら広告を打ち出すマーケティング手法です。
チラシを何万枚巻いて、どれだけ購入者がいるかってことです。
購入者が1%だったら、100人が商品を購入するためには1万枚チラシを蒔けばいいですよね。

この1万枚が大量行動と同じって感覚です。つまり10回しか得たい結果に対して行動を起こさなかったら成功回数は0回ってことです。100回行動を起こして初めて1回の成功っを得ることが出来るんですよ。

それなのに人は結果を求めたがるばかりに行動し続ける前に諦めてしまうんです。
そして先ほどのチラシの枚数と成功率の話しも1%って少ないって思うかもしれないですけど実際トッププロのセールスライターが書いても反応率は3%で成功って世界です。

つまり、失敗は恐れるなってことですね~。失敗を気にしていたら成功を得ることもなければ失敗から更なる成功へのヒントを得ることもできません。
あのアイフォンですら世に出るまで2万回以上の失敗を繰り返しているんですよ( ゚Д゚)

なのに現実では行動を改めないで違う結果を望んでいる人が多いんです。
ある人はそのような人をこういっています。
『精神異常者』(アンソニー・ロビンズ)

精神異常者、、、今すぐにでも卒業しませんか?
さあ、僕も彼に何を大量行動させようかな~
あ、仮の話しですよ。。。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


カテゴリ:ビジネス  [コメント:0]

上手くできない...

目安時間:約 7分
最近コンビニのおにぎりって海苔を上手に巻けなくないですか?
あの、三角おにぎりにパリパリの海苔を巻いて食べる。おにぎりに革命をもたらしてから早何十年たつのでしょうか?

コンビニが我が街にあちこち出来る前は、おにぎりには海苔が巻かれていてシナシナな状態が当たり前だったと思いませんか?
僕の記憶ではコンビニがパリパリ海苔を普及させたくらいのインパクトを持っていますが、そのコンビニおにぎりの海苔が上手く巻けない最近に僕は、自分が歳をとり手先が不器用になったのかと少しだけ疑いましたよ!

しかし、そんなに流石に老いていないハズです。そんなこんなで友達や奥さんにも聴いてみたら、確かに上手に海苔を巻くことが難しくなったって言っていました。
あなたもそう思いませんか?

僕はこの原因は「企業努力」と呼んでいますよ!
なぜ海苔が巻けないことが企業努力かと言うと…


サービスと質の関係

総菜パン、おにぎり、スナック菓子etc...
これらの商品って、少しずつですけど、内容量が減っていると思いませんか?

物価が上昇しているのにも関わらず、同じ値段を維持する方法って言ったら、質を下げるか量を減らすしかないですもんね!
あくまでも予想ですけど、おにぎりもお米の量が減っているんじゃないかって思っています。でも以前と同じ大きさを維持するために必要なことって同じ大きさに見えるくらいお米の間の隙間を多くすること。

それにより、おにぎりの袋を左右に引っ張るときに、お米が以前より柔らかい塊なので左右に引っ張られていると思います。だから、お米がおにぎりのかたちを維持できなくて海苔を上手く巻けない状況になっていると思っています。
なので、最近は既に海苔が巻いてあるタイプのおにぎりか、海苔のついていないおにぎりしか買わないですね🍙

そもそも僕はパリパリ海苔派ではないんで良いんですけど、海苔が巻きにくいって作業工程が1つ増えるってことですからね。おにぎりを2個から3個買ったら今までよりも何十秒か時間を損することになりますからね。
そして、総菜パンもパンのふっくら感が増せるようになったのかスッカスカのパンじゃないですか(笑)

これは全て企業努力ですよね。値段を上げない努力が見た目重視の日本人には、企業側のごまかしのテクニックを磨かせ、量が減っているのも気が付かないで満足させるって裏切りにも似た行為を寧ろ消費者が強要している気がしてならないですね。
サービスを維持するためには質か量を下げざる負えないのは当たり前です。質が下がると誰からも見向きされませんからね。量を下げても量が下がってないようにいかに見せるか、これが努力なのはちょっと寂しい気がしますけどものが売れないのは全て少子化の問題ではないでしょうか。

しかし、起業であればこのような企業努力は出来ても、個人ではなかなか誰かの為や自分自身の為に、最大限の努力をするのは難しいことですよね。

戦略立案

そのために必要なのが戦略立案ですよね!
先週全くブログをアップしませんでしたが、その前まで戦略立案を書いていました。正しい戦略がゴールへの最短の道を教えてくれるでしたね。

その一つとして、モデリングって行動も大事なんですよ!例えば「あの人、誰々のマネばっかりしている」って人ってたまに見かけませんか?あれを自分が得たい結果を得ている人をモデリングして実際に所作から服装から考え方までそれこそ完コピすることで成功者への近道になる事もあるんです。
そのためにも必要なのが戦略立案になりますね。

戦略立案は3つの項目を立てるだけでも明確に見えてきます。
難しいことを抜きにそれだけ立案しても良い戦略になると思いますので、人生を前進させたいのであれば是非とも取り入れてみてください。

◇あなたが欲しい結果を持っている人は誰か?
◇あなたと共通している成功ポイントは何か?
◇あなたが読むべき本は何か?


そして、その中から3つ成功へのカギを出してそれを毎日実行していくことで自分が欲しい結果を得ることが限りなく可能な状態を作り出すことが出来ます。

でもね、あなたの成功って何ですか?って聞かれたらなんて答えますか?
これって僕は結構難しいって思っています。考え方ですけど、僕はゴールって無いって思っていますので自分で作った課題というか目標がゴールと言う名の中継地点って思っています。

結構貪欲ではありますね(笑)でも、ゴールはあったほうが良いっていう人いますけど、その先にはまたスタートラインがあるって考えた方が、クエストがいくつもあってゲーム感覚で楽しいじゃないですか!
どうやって人生を楽しむかが最大のポイントだと思っています。

お金をたくさん得ることだけが目標であっては面白くないじゃないですか。
勿論楽しむためにはお金は必要です。でも、お金の悩みが消えてからこそが本当の楽しみだと思っていますので、そこまではお金の為って思って行動することも仕方のないことだとも思っています。

そのために必要なことが戦略立案ですよ!
そして、本に関しましては1冊の本で納得するのではなく、何冊か読んで共通項を見つけてください。同じ事が乗っていればそれは実践したほうが良いと思いますのでとにかく本から得る情報も大事だと思います。

しかし、これもあくまでも私見です。本はいい加減なことしか書いていないって人もいます。
でも、それは本を読みつくした人の意見だと思っていますので一通り本を読む習慣だけはあっても損はないと思います。

そうすればなぜコンビニのおにぎりが海苔を巻くのが難しくなったのかが分かるかもしれませんしね!


一般社団法人ビオバボのFXが更に強力になりました!
↑ここをクリック 紹介者欄は安達由太加にて!
物販も追加され安定した収入を速攻で得られます。
僕たちの仲間になりませんか?
詳しい内容を聞きたければ安達由太加まで「ビオバボに興味あり!」ってLINEをください!



にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


カテゴリ:ビジネス  [コメント:0]

せんりゃくりつあん

目安時間:約 7分
侍ジャパン優勝良かったですね~⚾
しかし、スモールベースボールって表現何とかならないですかね。なんかスケールの小さい野球みたいなイメージありませんか?

そして野球の競技人口の復活にも期待したいですよね!
もう一つ嬉しいことは自動車レースでのF1のホンダエンジンのワンツーフィニッシュですよ!

ホンダエンジンの完全復活と言ってもいいでしょう!来季のシリーズに期待大ですよね!しかし、この興奮は興味の無い人にはあまり伝わらないかもしれないですね。
F1は最新の技術の詰まった争いです。その技術が一般車にも反映されるわけですから良いエンジンをつくることが出来るって事を世界でも証明する場所ですからね。

僕は車が好きだから興味ありますけど、車に興味ない人には余り興味のない内容ではありますけど、そのような事柄って多いですよね!
そんな中、興味と言えば人って自分の興味のあるワードに引っ張られるって感じたニュースがありました。

僕は、お酒を飲みます。超大好きって訳でもないけど、好きな方ですね。今は毎日飲まないですけど、許されるのであれば毎晩晩酌はしたい派ですね。
それはもうお酒超大好きじゃん!って思うけど、でもちゃんと飲まないって日をつくることが出来ますから違うって思っています。

そんな僕がパッとニュースを目にしたときに「何のこと?」って思ったニュースの話しです。
「ビールの高さ、1割で社内規則??」

最初どのような内容かって疑問に思いましたよ。社内でお酒飲める会社?その割にビールの飲める量は規制があるの?って思いました。
しかし、これは自分がお酒好きの人間って証明であって、実は女性の履く「パンプスのヒールの高さ」をめぐる、社内ルールがあるってニュースを目にしたいたことに気が付いたんです(笑)

そもそもヒールの高さに社内規則あるなんて思わないじゃないですか!だからヒールのたかさでニュースになるって先入観がまずないですよね。そして、「なんじゃその規則は!」って目を疑いますよ。だからこそ「#KuToo(クーツー)」運動が広がるんですよ。
これ性差別って言われても何ら不思議じゃないですよね!梯子を昇らないといけない作業をする仕事なのにスカート履けって言っているのと何ら変わらないと思いませんか?

確かに最低限のルールはあったほうが良いとは思いますよ。でもその最低限って言うのも人によりそれぞれが不快に思う範囲が違うように最低限のセーフの部分の解釈も違いがあるからルールとして文言にしないと分からない部分は出てきてしまうとは思います。
でも、そろそろその辺のルールって要らなくないですか?って言うのが僕の意見ではあります。

なぜか?

出来る人って身だしなみにもちゃんと気を使えていると思いませんか。色々な人とお会いして思った事は自己管理が出来ているって良い印象を自然と与える格好をしているってことですね。
一番わかりやすいのは靴ですかね!特に革靴だとちゃんと手入れしているかどうかで何となく判断をしてしまいますね。これ、ニューヨークのタイムズスクエアで働くビジネスマンなんかも靴の手入れは欠かさないらしいですよ!汚れたら買い換えるとかではなく、お気に入りの靴は大事に使う、靴磨きは当然だし、修理できれば修理して履き続けるらしいですよ!

でも、日本で踵がすり減って、靴も磨かれていない人よく目にします。なぜ、女性にはパンプスのヒールの高さまで指定しておいて、営業マンの靴が汚いことには、「革靴は常に磨くこと」って規制はなかったのでしょうか?
これについて社内規則を設けている人は実際になんて答えるのでしょうかね?もしかしたら男性の革靴に対しても常に磨き上げることって社内規定あるかもしれないですけど、それこそ社内規定を設けないと身だしなみに気を使えない人がいるって民族なのかもしれないですね。

自分の事で精一杯か、人に関心がないから自分に関心が持てなく、やさし訳ではなく人に干渉しないのは、おとなしいからではなく一人だけ目立つのが嫌だって感じが日本人なのかもしれないですね。
僕はあらゆることからはみ出します。その結果フリーランスです(笑)社内ルールとか上からの助言も全く聞かないこともあります。理解できないってこともあるのですけど、こっちのほうがよさそうって思ったら、たとえ助言があってもそのルールを破るタイプです。それでいて決められたことを絶対に守ることもあって自分でもその線引きが分からないことはあります。

でも、意外とそんなもんじゃないですか?だったらルールが理解できなかったらちょっとだけ破ってみるってことも必要じゃないかって思います。
確かに決まり通りにやったほうが良いこともあります。でもなんでもトライ&エラーの繰り返しで成長は起こるわけですからね~。

その判断は誰が?

何事でも正しい判断がゴールへの最短の道を教えてくれます。
そのためには正しい戦略を持っていなければ、今日、何をやるべきかが分からないですよね?

でも、それが分からないから人は彷徨ったり、ルールの中で納得していなくても従って後で不平を訴えるってことが起きていると思います。
ヒール問題の場合は新しい問題でもありますから、これからどのように解決に向かうかの問題があるのかもしれませんし、単純にその規則なくせばいいわけでもないと思います。

しかし、何か似たような規則の撤廃なども過去にあったかもしれませんよね。その中から上手くいく方法を考えるってことも出来るかもしれません。
もしかしたら誰かが正しい戦略を持っているかもしれません。そのために声を大にして世間に広めることに関しては良い時代ですから。

目標を持つということは、まだ到達したことのない地に向かうとこです。なのでその叫びをあげている人同士では正しい戦略がある可能性が極めて低いわけですよね。
今の時代は叫びをSNS上で挙げることが出来るので良くも悪くも問題の関心度が高ければ大きな渦にすることが出来ます。

そこから関心のある人が手を差し伸べてくれるか、自分たちで更に調べてたくましくなるか専門家を見つけるかをするのに昔より時間がかかりませんからね。
あなたの欲しい結果を手にしている人は、あなたに必要な情報を持っています。

ポイントは「その人はあなたの欲しい成果を手にしてるか?」
「その人は自分以外の誰かを成功させているか?(再現性があるか)」に重点を置いて探すと言いパートナーに出会えますよ!

グリップが握れるから安心。

結果を出しているFXグループ
一般社団法人ビオバボ
↑ここをクリック

登録の場合は紹介者欄に安達由太加にて!



にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


カテゴリ:ビジネス  [コメント:0]

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ページの先頭へ