具体的な~

目安時間:約 7分
いや~寒いっすね!
僕は千葉県在住ですが関東地方は真冬の寒さですよ!

横浜でも雪が観測されたってニュース入ってますもんね~
一気に冬が訪れましたけど、同時に鍋の季節も本格的になって来たんじゃないでしょうか🍲

しかし、鍋と言えば、、、お酒が、ビールが特に進みますよね~(笑)
だけど僕は12月から自分のやって行く方向性の関係上、お酒を控えようとしています。

単に自分がそうしたいと思ってやる行為ですけど、そのために11月は飲みまくろうと思って実際に実践していきました。
何事もやるならトコトンやり尽くす。そうすることで次に何かを決断した時に中途半端に諦めることがないと思って、「決断したらやり尽くす」行動をするようにしております。

しかし、何事でも「やり尽くす」が良いってもんじゃないって、今回の行動で思いましたよ(笑)
なんと、痛風が悪化してしまい、歩くことが困難になってしまったんです。😢

え?当たり前でしょ!って思いました。
そうなんですよ。僕は尿酸値が高く一度痛風を発症しているんです。だからその痛みは分かっているんですけど、今回は1度決めたことは「やり尽くす」を実践しただけなんです。。。

でも、痛みが発症するのは知っていたわけではないんです、3年位前に激痛を体感していますけど、それ以来痛みは出ないで今まで来ていたので、今回もまだ大丈夫だと思っていたんですけどね~
しかし、実際は痛みが出てしまいました。これは不徳の致すところで自業自得でもあります。

結果は新しいことをスタートする時期を遅れさせなければならない状況になってしまい、あらゆる方面にご迷惑をおかけする事態になってしまいました。
何でも感でも自分の決めたことを「やり尽くす」ことだけが良い結果を生むわけではないって事を再び学びましたよ。

1.

1.具体的な戦略プランも持っていない

その結果たるや、まさしく具体的な戦略プランではなかったってことですよね。
今回の場合は、12月からお酒を控えよう。
だから11月はお酒を飲みまくろう!
は!?

ですよね!その結果どうなるのかなどの想像は出来るわけですよ。だって痛風持ちなのは自分が知っているわけですからね。
本当の目的は12月からなぜ自分がお酒を控えたいかって先にあるわけですよ。

僕の場合は新しいことを始めるわけですから、仕事の後も更にその辺の知識を入れたいのと更に今やっていることも成果を出し続けたいから、お酒に酔った状態だと仕事が捗らないと判断したからなんです。
そして、その先に自分の得たい結果があったわけですから、そこから遡ったら具体的なプランが出てきたはずなんですよね。

例えばあなたの目標が今よりもっと高い収入(具体的な金額)だったとします。
1. 目標の収入を得るためのプランを持っているのか?
※収入=リストxアポセッティング率x成約率x単価
と言う公式で設定るすることが出来ますよね!

そして数値の見積もりは厳しめに設定することがお勧めです。
アポセッティング率、成約率ともに30%がちょうどいいと思います。
例)100万円=56人x0.3x0,3x20万円

20万円の商品を売るためには56人の人と会わなけらばならないてことが分かりますよね。
これが戦力の具体的なプランになります。

数値で出せる目標であれば公式をつくれば分かりやすく出すことが可能ですからね。
人間は数値になっていると分かりやすいですからね。積極的に数値化していくことが戦略的なプランは立てやすいですよね。そして。。。

具体的な行動計画を立てているか?

あなたはどのようにアポをとっていますか?
明日はこの人と会おうとか、あの人とはこの日に会おうって感じじゃないでしょうか?

それだとあまり効率よく人と会うことが出来ないと思いませんか?
それよりも明日は10人の人と会うとか、明後日は5人の人と会うって予定を決めてしまってからアポをとって行く方がその日の目標達成にも繋がっていきます。

そのために、やる事リストを作成し、緊急度と重要度で棲み分けをして、優先順位を明確にすることも大事です。
それからアポが取れて会うまでにその人をどれだけ思って話をするのかを想像していけば、更に成約率にも繋がるアポになって行くと思います。

目標から逆算して、期日を決めるってことも良いことだと思います。
お薦めは、手帳に全ての行動を書くことです。アポの時間だけでなく、移動時間から休憩時間や食事の時間まで、漫画を読んでも構わないですが、漫画を読む時間も手帳に書いてしまいましょう!

そうすることでダラダラ漫画を読むことも防止できます。なぜなら次の予定が詰まっているわけですから。。。
これは時間に管理されているわけではなくて、自己管理が出来ていることになりますので時間に縛られているって思っている人は妄想です。

時間の確保

それで言うと、時間に縛られているのではなく、時間を自由に確保できる人間だ!って人に言える人間になっていると思いませんか?
仮にもし、そのような状態であるのでなければ、プランを実行するために十分な時間を確保できているか?をもう一度確認してみてください。

戦略やプランを具体的に立てることは時間を自由に使うために有効な手段です。
そして、目標達成のためです。あなたが短期的に大きな成果を得るためには敢えてバランスを崩すことも大切です。そのために手帳にビッシリと予定を埋め込んでいくことがお勧めなんですけどね!

あなたは大量行動をとる決断をしていないのにもかかわらず、成果を得ることを心のどこかで望んでないでしょうか?
再三ブログで書いていますが、行動や考え方を変えずに欲しい結果を望むものは「精神異常者」と呼ぶ人もいる行動です。

欲しい結果を得るために必要なことは、今までの生活習慣の中には存在していません。
なぜなら、今までの生活で得ているものが今の全てだからです。

それ以上のものを望むには、それなりの覚悟が必要になります。
それをただ具体的な戦略プランを立てて、手帳に書いて行動するだけって考えたら案外楽じゃないですか?

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


カテゴリ:ビジネス  [コメント:0]

6つの理由って?

目安時間:約 7分
とうとう12月に入ってしまいましたね!
1年間で僕は必ずやり残したことがありますけど、あなたは今年やり残したことありますか?

毎年1年の目標を立てますけど、出来ないことってありますよね~。
1年の初めには意気込みが強すぎるのか大きな目標をついつい立ててしましがちです。

来年からは、出来ることと出来ないことをきちんと見極めながら目標を立てていこうかと思いますね。
というのも、やっぱり目標をクリアする体験を積み重ねることが、自分が得たい現実を手にするには絶対に必要だからです。

だから個人的には「今年もやり残したことある」って体験をゼロにする方が、低い目標をクリアすることよりも罪深い気がしているからです。
そして、自分自身の目標ですから、どのような目標を設定しようが他人にとやかく言われる筋合いもないですからね。

そこにコーチでもつけていれば「目標達成の確立が55%から60%くらいがベストです!」って言われます。実際そのくらいの方が頑張れるってことは事実ですけど、目標達成の確立なんてどうでも良くないですか?
兎に角、自分が立てた目標を確実にクリアする体験だけをしていく事が大事だと思います。

僕には勝手に「負け癖」がついているって思い込んでいるところがありました。
それはスポーツにしても先輩世代が強くて自分の世代が弱かったのがありました。なので優勝旗変換をするけど自分たちが優勝することが無いって経験を小学校、中学校と体験しました。そうすると負けても余り悔しくない体験がいつしか芽生えてきて、“負けづ嫌い”はいつしか自分の心の奥にしまい込んだ気がしていました。

そして、サラリーマン時代も売り上げの目標設定をするのですけど、具体的な理由もなく、絶対に達成できない目標金額を押し付けられるままに受け入れて、結局達成できず昇進すらさせて貰えないことへの不満を言うこともできない人間でしたよ。

でもそれって...

結局は他人任せですよね!
じゃあ「自分は違うぞ」と、なんとか改革しなければって思ったかと言えばそうではありません。団体競技自体合わなかったかもしれないけど、どちらにしても自分からそのような環境を変える行動をしたかと言われればそれもなかったですね~。

でも、子供の頃からそんな自分に責任を持って生きている人ってそんなにいないでしょう~って思うかもしれません。
しかし、1人もいないのか?って言ったらそうでもないじゃないですか!

ってことは自分に責任を持った行動をすることは少年時代でも出来るわけですよ!だったら負け癖も団体競技のせいでもなく自分がそこで楔を打てる行動を起こすことが出来なかったことへの後悔を感じている人間って事です。
少なくても、そのような感覚を持てる自体が改革を求めている人間ってことです。今なら全力で取り組める知識もあります。あとは行動を繰り返しするだけですよね!

僕の人生的な目標が出てきたような気がしていますね。
そして、そのために必要な事を目標として1年間の目標を決めていけばいいと思っていますけど、楽しみがいっぱいあって何からすればいいか迷っています!

目標達成に失敗する6つの理由

実は失敗する理由も存在しているんですね。
「そりゃあるでしょ~」だからこそ、今年のやり残しって話題が世にはびこっているんだから!

そしたらその理由が分かれば大丈夫じゃない?ってあなた!それを1個ずつ詳しく説明していきますので、先ずは6つの理由を発表していきます。
その前に、そもそも1年の目標ってあなたはどのような意気込みで決めていますか?

自分の人生の成功象に対して1年単位でこうしていこうって決めていますか?
それとも「今年はこれをやってみたい」とか、そのような感覚で目標を決めているでしょうか?

僕はどちらでも構わないですけど、何となく生きるのではなく目標を設定していること自体が素晴らしいことだと思います。
そして、折角目標を設定するのであれば、自分の人生設定に沿った目標を設定するほうが良いと思います。

営業マンだと数字を任されます。そして目標金額を決める時くらいしか考えないで目標を何気なく決めるのではなく、ちゃんと人生目標に則って決めることがライバルと大きな差を生む気がしています。
目標ってクリアできなくてもいいものではないけど絶対クリアしなければならないものではないかもしれません。でもクリアしていくことは自分に成功体験を増やして行くことにもなりますから、出来たら成功体験の積み重ねをしていった方が自分を成長させることになります。

それでは目標達成に失敗する6つの理由に行きたいともいます。
1. 具体的な戦略プランを持っていない
2. 達成すべき絶対的な理由が明確になっていない
3. やるべき事をきちんとやらず、我流でやろうとする
4. フィードバックを活かしていない
5. トランスフォーメーション・ゾーンを理解していない
6. コミュニティを利用できていない


この6つを今後1つずつ解説していきます。
中には何言っているのか分からない言葉もありますからね。ただあくまでもこれだけが、失敗する理由ではないことも事実です。

何事もそうですけど、諦めない限り成功を手に入れることはできます。
そのために必要な要らない行動ってこともわかっていれば無駄な時間を使わないで済みます。

なにせ時間は有限ですからね( ´∀` )
要らない行動を知っている人がいればそれを積極的に取り入れる行動力も必要です。
なのでその参考になれば幸いですので、役に立ったら嬉しいです。


そして成功体験を積み重ねていきたければ、
我々のグループで一緒に活動することをお勧めします!
お小遣い案件・物販・FX・インフルエンサー育成等々
一般社団法人ビオバボ
↑ここをクリック!
紹介者欄は安達由太加にて!



にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


カテゴリ:ビジネス  [コメント:0]

そっちの方が早いよね~

目安時間:約 7分
多分便利だからやっている行動ではないんでしょうね。
もし、違うやり方の方法が便利だったとしても、「こっちのほうが慣れているから」などの理由で新しいやり方をチャレンジすることなく過ごしていることっていっぱいあると思います。

例えば、あなたが新しく始めたバイト先で、先にバイトを始めている先輩に、やり方を教えて貰っている最中だとします。その中で新しく教わる事じゃなくて、今までの人生の中で経験したことのある作業が1つあったとします。
それを任されたときに自分流のやり方でやっていた時に、教えて貰っている先輩に「こっちのほうがやりやすくない?」って教えられた作業が自分にとって余りやりやすい方法ではなかったとすると「あ、こっちの方がやりやすいので」って言ったりしませんか?

やっぱり習慣って怖いって思いましたよ。
習慣と言うよりは“慣れ”ですかね。自分が普段何気なく行っている行動って果たして良いことか悪いことかなんて考えたこともないですよね。

我々が普段思考を使わなくてもできている行動って、果たして便利だからやっている行動なんでしょうか?
でも、明らかにその先輩が言っているやり方が数秒だけ早いとしても、「ちょっとの差だから自分のやり方でいいや」って思って教えられたやり方を実践しないって事ありませんか?
そして、仕事自体にもそんなに影響しないのか別にその先輩も何も言ってこないような内容だったら尚更変更しないですよね。

でも、バイトの場合は時間を雇われ先に捧げているわけです。それでバイト代が頂けるわけですよね。だったら少しでも雇われ先に貢献できる働きをすることが自分をステップアップさせるためには大事な動きだと思います。
それは言われた事を素直に実行することが正しいわけではなく、いかに雇われている時間内でより作業をこなすことが出来るかがお金を得るために時間を捧げる仕事だと思うからです。

そうすると1秒でも早くできる作業を教えられたら、それを実践して自分のものにすることが、たとえ最初は作業量が落ちたとしても、後に生産性を上げることが出来るのであれば挑戦することが正しい道だと思います。
そのような感じで我々はついつい慣れている行動を当たり前のようにやっていますが、果たしてそれが便利だと考えてまで行動をしていませんよね?

現代子って凄い!

また、下の息子の話しになりますが、この前体調を崩して幼稚園を休んだ日の事です。
暇を持て余してはいるけど体はだるいのか動けない状態なのでタブレットで何かを見ていました。

ウチはもっと小さい頃にタブレットやスマホを子どもたちに操作させなかったんです。
今の親ってスマホを与えとけば子どもの機嫌が良いからって、スマホ画像を見せて泣き止ませたりしているじゃないですか!

ウチはそれをやらなかったんです。やっぱり良くないと思っていたから...
でも、今では勝手に操作できる年齢なんだなって思っておりますけど、一応親に許可取るんですよね。「ゲームやっていい?」とか「YouTube観ていい?」って

息子がハマっているのは、やっぱりヒカキンですよ!
今回、幼稚園を休んだ日には2時間くらい観ているんです。あ、時間は決めさせますよ。何時まで観るの?って質問で彼に何時までって答えを出させるやり方です。

そこで今までは不思議にも思わなかったことに遭遇したんですね。
と言うのは、僕は家で仕事をしているときに、彼はYouTubeを観ている状況だったんですけど、たまに何か話すんですよ。

で、僕に話しかけているのかと思い「なに?」って聞き返すと返事が返ってこないんです。
で、何だったんだ?って思いながらこちらも仕事中なので作業に戻ります。

そうすると20分後くらいにまた話し出すんです。だからまた「な~に?」って聞き返すとまた返事が返ってこない。
これは、仕事中とはいえ、とりあえずの返事をすることが良くないと思い彼のもとによって「なに○○くん」って話しかけました。

そうすると、僕に話しかけているわけではないことに気が付きました。
そして、もう一度先ほど話した言葉を話し出しています。タブレットに向かって!

そうなんです!彼はタブレットに話しかけていたんですよ。
そして、タブレット画面には「なに、○○くん」って文字が見受けられます。

考えてみたら彼は幼稚園児です。YouTubeで自分の好きな動画をどうやって見ているのかなんて考えてもみなかったんですけど、なんと音声認識で検索していたんですね。
だから、たまに聞こえる彼の発する言葉は“音声検索”をかけていたんです。

だから、僕が彼の名前を呼んだのが検索されてしまっていたんですね。
僕は文字入力で検索掛けますけど明らかに音声認識の方が早いですよね!

便利の始まりは...

彼のYouTubeの視聴時間は限られています。1秒でも長く画像を観ていたいハズです。
そのために便利なのは音声認識です。でも、彼はそれの方が早いからって選択しているわけではないんです。その方法しかできないからなんです。

でも、その行動を見て、明らかに音声認識の方が早いって分かったらで、あらゆる選択肢を持てる立場であったら、その行動を積極的に取り入れるべきだって思いました。
彼には音声認識を教えた覚えはないんです。

でも、彼がもう少し小さい年齢のときに、だらだら話すから音声認識できないんじゃないかと思い、遊び感覚で音声認識を使って「○○って言ってみて?」って何度かやってみたことがあったんです。
それを覚えていたんでしょうね!子どもって凄いですよね!それを覚えていたんでしょうね。正に自分の得たい結果に対して一直線に進む行動ですよ。

年齢を重ねるとついつい言い訳が先行してしまいます。でも、自分の得たいものに対して純粋に挑む姿は回り道を知らない純粋さに何かヒントがあるような気がした1日でした。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


カテゴリ:free  [コメント:0]

トモダチ100人出来るかな~

目安時間:約 8分
あなたは本当の友達と呼べる人間って何人いますか?って聞かれたらどのように答えますか?
この質問は結構答えるの難しくないですか?

そもそも本当の友達ってって思いません(笑)そうなんですよね!その答えを言う相手って先ず友達ではないと思うんですよ!
そんな人に答えるときに頭に思い描けなかった人は本当の友達ではないのかって思ったりしますけど、そんなことはないと思いますよ。

僕は数年前までは友達って0人でも構わないって思っていたんですよ。
家族がいれば友達なんていらないって思っていたんですね。でも、色々な人と出会ったり勉強していった気が付いて結果は...

友達のいる人の人生の方が、充実して幸せを感じることの出来る人生を送れるらしいんですね!
なによりも幸福感が違うって思えるのは、ある程度の年齢を重ねた人から出てくる言葉として、ある記事に載っていたのを目にした時に真実として語られている言葉の説得力を感じたからなんですよ!

なので、僕は新たに会う人たちの中で一生付き合える人を探すってこともしてきましたね。
やっぱり未成年時に出会う友達には限りがありましたよ。学年と言う年齢の限られた中で必然的に同じ学校、同じクラスになった人から仲のいい人が決まって友達となります。

まだ、バイトやスポーツなどやっていれば学年の違う人と出会いますけどそれでもそんなに年齢は変わらないですし、大学生にでもなればもっと幅の広い友達も出会えると思います。
僕は大学生になったことないので、交友関係と言えば高校時代の友達くらいしかいませんでしたね。

会うこともほとんどなく社会人としての最初は、稼業を継いだので同僚もいない世界でしたので交友関係を増やすこともしていませんでしたね。
そして、サラリーマンへ転職して初めて先輩や同僚など出来ましたが公私ともに仲のいい人に巡り合うことはなかったですね。

そのような人生を送ってきましたので、その当時は本当に家族だけでいいやって思っていた人生ですよ!
でも、自分の人生を良くするためにって勉強を始めてからはやっぱり大事なことは交友関係、つまりは友達だなって思ったんです。

そこからは交友関係と言うか「ビジネスで色々成功させるためには」って思いから人と会うって事をしていくうちに一生付き合って行きたい人って出会っていくことが出来るんだなって思う行動をしてきました。

人と人

でも、これは経験でもあるし大量行動も必要になってくるんですよね!
と言うのもビジネスが絡んでくると、出会う相手は千差万別です。人が好さそうに寄ってくる人もいれば、その方が間違っているビジネスをやっていることに気が付かずに本気でブラックなビジネスを薦めてくる人もいます。

それらを見分けるには、とにかく人といっぱい会うしか見分ける力を養う方法はないですからね。
基本的に誰かをだまそうと思って寄ってくる人は少ないと思っています。それは自分がブラックな仕事をしたいと思っていない限りはそのアンテナには引っかからないはずだからです。

では、どのような人が寄ってくるかってことなんですけど、その前に問題があるとすれば、先ずは自分自身がどのような方向で人と出会いたいと思っているのかってことです。
そこに迷いがあれば色んな人が寄ってきます。本当に色んな人が寄ってきますよ!

先ずは圧倒的に多いのがネットワークビジネスの方たちMLM(マルチレーベルマーケティング)をやっている人たちです。
この方たちで出会う方々は、大概まだその業界で成功者になっていない方々だと思ってください。勿論ある程度実績を上げている方もいらっしゃいますけど、とにかくMLMをされている方は多いです。

なぜ、その方々と良く出会うかと言うと自分にこれって方針がないからなんですね!
例えば「副収入を得たい」とだけ思っていたら当然上記のような出会いが待ち受けています。

それは副収入を得たいって思っていたら当然ですよね。なぜかと言うとそのような電波を世間に自分が発しているからなんです。
だから、なんで、MLMやっている人とばかり出会うんだろう?って思っていても自分がそのような人を呼び込んでいるからなんです。

決断の技術

では、どうすれば自分の得たい友達を得ることが出来るのかってことですね。
これは、自分の本当の友達を得るためだけの技術ではなく、自分の得たい結果を見つけたときにそのために決断をする技術ですので、何に対しても使える技術です。

でも、そんなに難しいことではないです(笑)要は「決断とは?」って話です!
決断とは、断つことを決めることです。

どうです、、、読んで字のごとくではないでしょうか。
得たい結果に対して、それを得るために、この期間やらないことを決めるってことです。

やっぱり今までの自分の人生の中に新たな何かを得るためには、ある程度の犠牲って必要になってくると思うんです。それを今までしていなかったからこそ得ることの出来ないものって誰にでもあると思います。
それは、今まできちんとした決断を出来ていなかったことが原因だったりしないでしょうか?

だったらこの、断つことを決めるってことから始めることを提案しますよ!
そして、断つことを決めて実行出来たら、ご自身にご褒美を上げましょう🎁

さらには断つことを決めて、そのための環境を整えることもお勧めです。
例えば、今まではスマホをトイレに持ち込んでいたけど、これからはスマホをトイレに持ち込まない決断をするとします。

そのために環境を整える行為と言えば、トイレに行こうと思ったときにスマホを手に絶対に持ったない!だけでもスマホをトイレに持ち込まない環境を整えたことになりますよね!それと決断したことと、そのための環境を紙に書いて、いつも見えるところに貼っておくなど...
そこまですると環境は整っていくと思いませんか?

何か今までと違うモノを手に入れたいって思ったときにいは、思い切った決断って必要になります。でも、自分が本当に欲しい結果とそのために覚悟をしっかりと決めておかないと迷った姿と言うのは、「この人お金になるかも」って思っている人には、あなたは現金にしか見えない存在にないる可能性があります。

その時「騙された!」とか「全然儲からないじゃないか!」って思ったところで既に失ったお金は帰ってきません。
そして、友達だと思っていた人も友達ではなかったって場合は、その為に使った時間が大変モッタイナイ時間だったって思ってしまいますよね!

時間は有限です。無駄に使わないためには決断も大事です。
あなたにお金を使わそうとしている人はどんなに優しい言葉や自分の知らない知識を与えてくれようとも、あなたにとって本当の友達になれる人でしょうか?

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ここでなら、本当の友だちとも出会えるチャンスがいっぱい!
一般社団法人ビオバボ
↑ここをクリック
紹介者欄は安達由太加にて!
businessと投資の融合

カテゴリ:ビジネス  [コメント:0]

年齢じゃない!習慣だって!

目安時間:約 6分
つい1年から2年前までは通勤時は、メガネを外して移動していたんですね。
それが、今では通勤と言う習慣がなくなったこともあり、メガネを頻繁に外すってことがなくなった影響か「メガネ、メガネ」って行動が増えている気がします。

視力としては0.3くらいなので、裸眼でも道を歩いて電車に乗ってなどの行動をすることは出来るんです。
そして、車の運転や知らない土地に行ったらメガネがないと場所を確認することが出来ないってレベルが0.3の視力だと思っています。

僕の場合は退社時に家路までの帰路で、もし知っている人に会っても「あ、僕通勤時メガネを外してるんで気が付きませんでした~」が通用するとの思いと、電車の中で本を読むのでメガネしたまま本を読むと目が悪くなるんじゃないかって思いからメガネをしていないって行動をとっていたんです。
でも、その習慣がなくなった今は、以前よりメガネを付けたり外したりと言う行動の頻度が少なくなりました。

そして年齢も40歳を過ぎているのでメガネをどこに置いたのか、分らずに探していると、カミさんに年寄り扱いをされるんです。
加えて、メガネ付けたままメガネ探す行動をしてしまうと、更に「その行動ヤバイでしょ~」ってからかわれる始末、それだけならいいですけどこの前は寝るときに乾燥する時期になったので顔にクリーム塗るときメガネを外し忘れて顔に手を当てて、その瞬間気が付くという行動をとってしまいました。

これにはショックとともに、クリームは当然油分が含まれているので、それをレンズから綺麗に吹き去るまで相当な時間を要したことは言うまでもありません。
しかし、これは年齢のせいではなく、単純に顔からずり落ちない、ジャストフィットのメガネをかけていることと、メガネを頻繁に外すって今までの習慣がなくなったことが原因だと思っています。

行動の習慣化

これって正に行動が習慣化されているから起こった行動だと思います。
行動の習慣化って凄いことだと思いませんか?つまりは大量行動ですよね。
毎日同じことを繰り返すことで、それを当たり前にすることが出来る行動が行動の習慣化と言っても良いと思います。

お酒飲む人ならわかると思いますが、かなりのお酒を飲み過ぎた日にどのように帰って来たのか覚えてないって行動よくあるんです。
でも、毎日会社に通っているからこそ、自宅から会社までの道は行動の習慣化がなされているわけで、考えなくても家路に着くことは出来るようになっているわけです。

例えば、あなたが欲しい結果に対して、先ずは行動を起こすべきであることはもうお分かりですよね?
そして、その行動は大量行動をすることによって自分の自信へ変えていきましょうってお話もさせていただきました。それは、なぜかと言うと大量行動をすることによって初めて、行動の習慣化をすることが出来るからなんです。

つまりは行動を習慣化しなければ、あなたが欲しい結果(成果)は一時的なものになってしまうからです。
「出来た」と、「出来るようになる」と、「出来ることが当たり前になる」では大きく違います。出来ることが当たり前になるには無意識でも行動できるようになることが必要です。そうなるには行動の習慣化でしかなれないって事ではないでしょうか。

前提として!

人間の意志の力って弱いものです。あなたも「明日にしようとか、次回頑張ろう」って思った事は一度や二度はあるのではないでしょうか?
でも、そうじゃなくて必ずその日のうちに実行するってことで行動を習慣化していくことが大事だと思います。

そのためには自分が必ず成し遂げるんだって強い意志も勿論必要でしょうけど、極端に何事も制限をかけて我慢して行動しているとパンクしてしまいます。
そこは是非とも柔軟に柔らかい頭と鉄の意志を同時に併せ持つ感覚で遂行していくことをお勧めいたします。

なので、習慣化の方法を考えてみようと思いました。
習慣化の方法
1、 感情的ご褒美を与える!
2、 環境を整える!
3、 イメージの力を使う!
4、 自己承認をする!

1番は芸をする動物が、なぜちゃんと芸をするのかと同じ感覚と思ってください。彼らは芸をすることにより餌をもらうことが出来ますよね。だったら僕らも人間と言えども動物です。ご褒美があったら頑張れると思いませんか?
自分で設定した1日の目標量をきちんと行うことが出来たら自分でワクワクするものを自分に上げるんです。

2番は習慣化ってことですから毎日やることの出来る環境です。無理なく毎日こなせる時間はどれくらいか?それを考えて時間がある人であっても1時間~1時間半で休憩を取りましょう。

3番は休憩時などに自分が得たい結果を得たとしたらどんな自分になっているのかをワクワクしながら想像することです。そして、何ならもうすでに手に入れているって感覚で物事を考えてみるってことも大事です。そうやって常に成功のイメージを強く持つことも必要です。

そして、最後に自己承認です。これは言うまでもなく自分が習慣化を常に実行できていればそれを最大限に褒めてください。
自分の最大の理解者は自分自身です。自分が自分自身を誉めてあげないと、どうして他人をほめることが出来るのでしょうか?

自己承認に満たされている人に、他者は大概誉められたいものです。
自己承認も出来ていない人に褒められても、心には響かないものなんです。

これって自分に言っている気がしますね(笑)そう結構自己承認は大事ですよ!

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


カテゴリ:ビジネス  [コメント:0]

1 2 3 34
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページの先頭へ