レシートに残金って。。。

目安時間:約 6分
プリペイドカードって最近所持している枚数あなたも多くないですか?
僕は最近気が付いたことがあるんです!

プリペイドカード内にいくら残金があるのか分からなくて確認してから買い物をするか、もしもの為に課金して気がつけば結構残高が残っていたなんて経験が良くあるんじゃないでしょうか( ゚Д゚)
でも、財布にレシートを入れておくと他のレシートと一緒に気が付くと処分している、だってレシートって都度処分しないと財布に残しておくの余りよくないって聞くじゃないですか?

だから残高の残ったレシートも一緒に“おさらば”してしまうんですよね~。
でも、最近それを防ぐ方法を考え付いたんです。

結構“セコイ“って思われる話かもしれません。
それは、残高の部分が財布を開けたとき見えるようにプリペイドカードに巻き付けてしまっておくことです。
たかが1000円の入金かもしれませんよ。だけどたかが100円、されど1000円だと思っていますよ。

プリペイドカードの場合は1000円札がカード内に入るだけですけど、簡単に1000円だから良いやって感覚になるのがヤバイかなって思っています。
これが例えばプリペイドカードではなく課金系のアプリゲームでも一緒のことが起きているって思うと怖くないですか?

課金ゲームの場合は最初の100円をいかに払わすかがキモみたいですよ。100円を1回でも払う人は1000円だって払うのが簡単になってしまうんですって。そしてつもりに積もったらその人は一体いくらゲームにつぎ込んだか分からないってことになります。
確かにわからなくないですね。僕も過去にパズルでドラゴン系を倒すゲームにハマっていました。その時は課金したらやめられなくなった記憶があります。そのゲームは数年前に止めたので今はやっていませんが未だにCMをやっているところを見ると相当課金している人がいるんだって思います。だってCMが流せるくらいの収入を得ているわけですからね。そのお金ってゲームをしていて課金している人たちがいるから成り立っているのが事実なんですから。。。

失敗に学ぶ

きれいごと言わずに正直に言うと課金してきた過去を後悔していますよ。「なんで、あんな何も生まれないことにお金使ったんだろう」ってね。
お金の使い方を教育しない日本では課金系のビジネスって成り立ちやすいんじゃないだろうかって思いますよ。

お金の使い方次第では、お金を増やすことも出来るし、信頼を得ることも出来るけど、何も生まないことにもお金を使うことが出来るんですね。それは自分の満足感を満たすって役割を担っているかもしれないですけど、そこから何か価値のあるものが発生することは殆どないですよね。
でも、そこで失敗したって思って次は課金ゲームでも課金しないって学ぶことも出来る人は出来るので失敗したからこそ学べるってことも確かにあるわけです。

そして、過去にブログで書いたんですが“失敗”ではなく“満足いく結果を得ることが出来なかった”だけです。
なので、満足のいく結果を得ることが出来なかったから学ぶが正解です!

自分にパワーを与える言葉

例えば課金ゲームでお金を使った自分、「自分は誘惑に弱い」って思うかもしれません。
でも「誘惑に弱い」のではなく「新し情報などに反応しやすい」って言葉に変えてみると、時代に乗り遅れることのない自分になる事が出来るような気がしませんか?

そして、満足の得ることの出来なかった体験から、同じ事を繰り返さなければ次に起こせる行動はお金を失わずに済む行動に変えることが出来ますよね。
感情のコントロール3の言葉でお伝えした、自分にパワーを生み出す言葉を使うですよ!

これは自分が得たい色んな事柄に共通して使えると思いませんか?

例えば、自分が成功するためには、、、って思ったときに

年齢が若すぎるって思っていたとしたら、「若いからこそできる!」「若いパートナーを必要としている人がいる!」って言葉にしたら、そこに自然とフォーカスが行くものなんです。そうすると若いパートナーを必要としている人と不思議と出会うことが出来るものなんです。

あと、良く聞く言葉があります。そして、自分もそうです。そしてそれはどうしようもないことでもあると思います。それは、「初対面が苦手」人見知りってやつです。
誰だって初対面の人とは何を話したらいいのか分からないものです。そして、先ず嫌われたらどうしようとか思うんじゃないでしょうか?

これ、僕も同じです。でも初対面の人とアポで会う場合はそんなにでもないですけど、説明会やセミナー会場などの場合は結構人と話すの苦手って意識ある場合多くないですか?
そんな時に先の“嫌われたらどうしよう”とか“拒絶されたら嫌だな”みたない先入観が最初の一言を口から出ないようにしてしまうって事ありますよね。

でも、こう思うことを毎回心がけています。
最初から好かれているわけがない。
たから嫌われても別に良いじゃん!って、、、

そう考えたら、余計な心配になりますからね。
兎に角、マイナスな言葉も考えないようにすることが余計な悩みを抱えずに済む秘訣です。

超プラス思考のスーパーハイテンションになれってことではなく、満足のいかない結果から学び、そしてその結果を繰り返さないように自分にパワーを与えていこうって方法です。
そこから、自分が変わって行く印象を持てるような、本来の自分の姿を表にだすだけです。

初対面が苦手→相手は私を受け入れているor相手も同じだ!

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:ビジネス  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ