happy flight!

目安時間:約 4分
客室乗務員の方が言っていた言葉で、今でも強烈に僕の頭から離れない言葉です。

あの方たちは旅客気に搭乗するお客さんを入り口で受け入れることをしていますよね。
あの笑顔で迎え入れられると、特に海外行くときは心躍るスイッチがあの笑顔のような気がします。

しかし、その姿を来る日も来る日も見ていて気が付いたことがあるとのことでした。
どのようなことに気が付いたと思いますか?

実は、ビジネスクラスに乗る人とエコノミークラスに乗る人にある違いがあるとのことなんです。
見た目で分かることなんですけど、決して持っているものが違うとか、高級そうな服に身をまとっているとかそのようなことではないんですね。
それは、何かというと、、、
ズバリ顔!

顔???
どういうこっちゃって思うかもしれません。
だけど、顔が違うんですって!

何が違うのか?

何が違うかというと、顔の向きです。
向いている方向が違うんですって。
これは、全員がそうだってことではないんですけど、ビジネスクラスの方はほとんどが顔は真っ直ぐ前を向いているらしいのだけど、エコノミークラスの方は比較的下を向いて歩いている人が多いんですって!

それ聞いてから僕なんかは、必死こいて毎日下を向かずに歩く努力をしていますよ(笑)
その、記事の続きには、ビジネスクラスの方はしっかりと自分のやることを分かっていて仕事面でも常に前を向いて活躍しているのか自分に自信をもって生きている感じがする。
みたいなことが書いてあったことを記憶しています。

成程な~。やらされているんではなくて、自ら仕事に挑戦しているってことなんだなって思いました。
だから、 「はあ~どうしよう」 とかではなくて 「よし!これやるぞ!」 って意気込みや生き方が体に表れてくるんでしょうね。

下を向いていても全くいい事ありませんよね。例えばお金落ちていないか探しながら歩いていてもめったに道路に落ちていないです。 落ちていても大した金額ではないですよね。
だけど先を見据え仕事をしていれば得られる額は、道に落っこちている金銭を見つけるよりはるかに多いわけですからね。

姿勢と言葉の関係

実は姿勢が悪いってあらゆることに悪い影響があるんです。
まずは健康状態。
だけど、分かっていても楽な姿勢って取っちゃいますよね(笑)
気が付くと悪い姿勢って僕もよくあります。

ただ、歩いている姿勢だけは正したいって思いますよ。
例えば、背中を丸めて頭も垂れてこう言ってみてください
「私は、人生の成功者だ!」
そして、次に顔を上げ、背筋を伸ばしてこう言ってみてください。
「私は、なんてダメな人間なんだ!」

どうですか?

違和感しかないんですよね。
姿勢と言葉って連動しているって実感すると思います。
だから常に前を向いて歩くって意識をするだけでも、うまくいくことってたくさんあるんです。
落ち込んでいるときなんか敢えて胸張って生活するべきですよ!

なんで、落ち込んでいるかわからなくなる可能性だってあります。
その前にやるべきことが見つかるかもしれません。
後ろを見ても何も戻ってきません。あるのは結果のみなんです。
結果から学ぶことはできても、その結果を修正することができるわけではないですからね。

あなたも、今日から姿勢を正してみませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ:ビジネス  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ