朝ごはんはうちで食べるから!

目安時間:約 5分

この前の日曜日、僕は久しぶりにジョギングした。

 

8月の猛暑続きでサボっていたわけではない。

仕事や悪天候やちょっとした膝の痛みなどで8月は殆ど走ることが出来なかったのだけど久しぶりに走ることが出来て心地よい汗で完全リフレッシュ。

 

しかし走る前ってなぜか走れない理由を探してサボってしまう傾向にある。

先ほども言ったけど、ちょっと膝が痛いとか。。。

 

確かに膝は痛いので走ると1日歩くのも辛い日もある。

元々右ひざはサポーターなしで走ると2キロくらい走ると悲鳴を上げだす。

言い訳としては持ってこいだ(笑)

 

僕は1週間で2回は少なくともジョギングすることにしている。

大体水曜日と後は土曜日と日曜日か日曜日のみで2回から3回と。

 

平日は仕事から帰ってきてからだから夜ジョギングをするけど週末は早朝だ。

だがらなのか寝起きだからかジョギングをサボる理由を探す。

でも、走ると気持ち良い汗をかけるので良かったって思えるんだけど行動に移すまでが難儀なのだ!

 

僕の場合はランニングするとき夏でもウンドブレーカーを来ているんだけどその恰好にまでなれれば走れるんだけどその前のグダグダを止めないと、体は自然とサボる方向に向かう。

 

走ると気持ちも良いし、新しいひらめきや、新しい発見が有ったりする。

今回だって久しぶりに新しい発見があった!

 

発見というより不思議な出会いが、、、

朝にジョギングは確かに気持ちが良い。

そしてお散歩している人たちともすれ違う。

『みなさんはやいですね!』っと思いつつ(声は掛けませんが)

同じように早朝から動いている人たちに共感しつつ心地よい汗と朝の風を楽しむ。

 

しかし、不思議な事にジョギングも終盤かなり息のキツイ段階になってから人とすれ違う時に限って気持ちの良い挨拶をして頂ける。

たいへん申し訳ないのですが、僕はかなり息が切れていてまともな挨拶を返すことが出来ない状況だ。

 

声になっているかわからない位の時もある。

そんな時は気持ちだけでも伝わってくれと願うばかりだ。

 

しかし、今回は挨拶だけではなかった。

お散歩を楽しんでいるであろう男性がこちらに向かってき反対から歩いてきている。

まだ、500メートル位遠方だが明らかに僕の起動に入ってきている。

思い過ごしては無い。

 

コチラはすでにクールダウンで歩いてはいるけど息は切れている状態。

良く見えなくてもわかっている事は年代は60代くらいの中肉中背、頭髪は短髪のごま塩頭、上半身は裸。。。

ハダカ、裸!(片にランニングシャツがのっかっている状態)

 

そしてリュックを背負ている。

 

『リアル裸の大将!?』

 

もしかしたら僕は朝から裸の大将とおにぎりを食べるのかと想像していたら

案の定声を掛けてきた。

 

『あの~おにぎり一緒に食べないかな~』、、、

 

ではなかった。(心の中で安堵)

 

『写真一枚とってもらえます?』

??

 

あ、写真ね。(ホッ)

彼は自分と景色を撮ってほしかったみたいだった。

 

確かにそんなにいい景色でもないのにと思いつつ『パシャ!』

『有難うございます』っといって去っていったのです。

 

失敗をした!

クールダウンしていたとは言えもっと話を聞けばよかったって後悔をした。

あの状況と何故写真に上半身裸のままって思いはいまだに消えず。。。

 

どんな状態、状況であっても心に余裕ってないとダメだなって思いました。

あの状況であれば色々と話を聞いていたら今もっとネタになった話があったはずなのにって思うと後悔しかないです。

 

苦しい時や焦っている時など、心に余裕がないと失敗やミスの原因に成り兼ねないです。

 

いつでも心に余裕をもつトレーニングとしてランニングしているときにちょっと変わった人に出会のはお勧めかめしれないですね。

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

トウキョウでも40度越え

目安時間:約 3分

猛暑ネタ続けます。
熊谷では観測史上初の41.1度、東京でも40.8度ってニューズでやっていましたね。そりゃ熱いですよ!
もう勘弁してほしいですけど都心ですら39度だったらしいですね。そんな日中に僕は一番暑いであろう2時台に浅草で人を待っていました。正直言って暑さには割と強い方だと思いますけど、今日は辛かったですね。
でも、雨が降ってないからなんでしょうか?湿度が余りないのか日陰に居たら風も吹いていたし意外とダラダラ汗をかくって事はなかったですね。とは言え、風は熱風ですし、日陰に至って体は汗ばんだままですし辛いことは辛かったんですけどね。

しかし、暑さに強い方と自負する僕は日曜日の朝は季節に関係なくですけど、出来る限りジョギングをするんですけど、いつも朝の6時頃家を出るのですが昨日はいつもより朝から散歩されている方々が多かったです。大人の方は意外とエアコンが体に悪いって印象があるのか結構エアコンを朝までつけっぱなしで就寝されない方がいまだにいらっしゃるんでしょうね。早く起きちゃってお散歩なのでしょうか。それとも健康のためのお散歩を日中していたのに今の時期は日中お散歩したら危険だから朝にシフトチェンジなのでしょうか。兎に角エアコンの我慢をしない事が今の時期は必要ですね。

息子たちなんかは夏休みなのに外で思いっきり外で遊ばせることが出来ないので、可哀そうな気もしますけど昨日の日曜日もそうですけど、家の子以外が外で遊んでいる声さえ聞こえないし聞こえたとしたら逆に熱中症にならないか心配してしましますよ。今日も小2の長男は学校でプールがあったらしいのですけど気温が高すぎて中止だったみたいです。水の中入ってれば大丈夫でしょ!って思うんですけどそういうことじゃないんですね。学校までの行と帰りでの熱中症の心配の考慮も有るんでしょうかね?
でも、本当の答えは連日の猛暑でプールに藻が発生が原因らしいです。びっくりな原因ですよね。

気になるのは8月に入っても雨が降らないとなると水不足の心配が出てきますよね?すでに後2週間は猛暑の警戒が宣言されてます。最近仕事の関係上日中余り外でない僕は暑さに多少の強さがあると思っていましたけど、今日は帰宅したら思いっきり疲れて夏バテのような感じになっていました。日中の2時間ちょっと外に居ただけなのにと思うと、自信過剰も禁物ですね。

仕事も大事ですけど命の方が大事ですから、暑さ対策は過信や我慢が強い人も気を付けなければいけませんね!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

自分たちに出来ること

目安時間:約 3分

今回の台風の影響で西日本地域では甚大な被害が出てしましました。平成最大と言われている通りとんでもない爪痕を残して去っていきましたね。
仕事などの影響も出てますけど、何よりも以外に遭われた方々の一日でも早く通常の生活を取り戻せるようになって頂きたいですね。

災害他国の日本で防災の対策などって比較的しっかりしていても自然の猛威の前には人間の無力さが嫌って程分かります。被害のなかった我々も日本の為に何が出来るかを考えて行動する時期に来ているようにも感じます。
被災地への募金もそうですけど、国益を失わない為にも大事な命が失われないための対策を考えることも大事です。家族で改めて災害時の行動の確認をしておくとか、時には避難勧告より早い行動も必要かもしれないしその時のための安全な行動の確認など、しっかりと相談しておくことが大事ですね。

仕事でもそうですけど、あまり人任せにしておくといざ自分がやらなきゃいけない時にいつも任せていた人がいないと何も出来ないか出来るけど時間がかかってしまうって状態になってしまうことはお客さんに迷惑をかける以前に、その任せていた人がいない事へのイライラになってしまうなんて最悪中の最悪です。そうならない為の対策をしっかりしておかないと不快な思いする人が1人ではないって事を考えないといけないです。

その為のある程度のチームつくりも大切です。1人の営業に2人で業務や2人の営業に2~3人の業務などにしておけば誰かかけても何とかなります。中小企業ですとどうしてもそこまで人員を確保できないって所もあるでしょうけど、1人の営業に1人のサポートは気軽に有給休暇すら取りにくい環境にすらなってします増すのでストレスケアすらできません。あと、業務が4人くらいの営業をカバーするなんてところも有りますけど、それは見ていて可哀そうですよ。
難しいのは、担当営業によって業務の負担が違いすぎると業務同士のわだかまりができますから、上司の方はその辺のバランスも考えて上げないといい人材の放出になりかねないですからね。

人材の守るのは管理職にとっては一番大事な事ですもんね。普段から疲れと精神的不満を取り除くことを一人一人に目を届かせるのは難しいと思いますが風通しのよい環境作りを普段からしていればそのだけでも、社員は気を使っているな~って感じ取ってその心意気を汲んだ執務をするはずです。
それすらなく然も会社のトップまでもが社員を信用していないような会社があるならば社員の方は離れていくのは至極当然です。

そうならない為にも自分に出来ることは何か?って事を常に頭に思い描いて行動することが何事においても対策になって未然にトラブルなどを防ぐことにつながる気がします。

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ページの先頭へ