その6

目安時間:約 6分
しかし、年末の雰囲気ってすっかりなくなってきましたよね。
唯一分かるのが、子どもたちが冬休みに入るからと、クリスマスプレゼントを買わないといけないってイベントがあるくらいですかね。

僕は、新しく始めた仕事の関係上、曜日感覚が今までよりもちょっと鈍くなったのもあります。
やりたいことや将来なりたいビジョンがしっかりしていれば、休みが少なくても不満なんてないものです。

休みなく動いていてそう感じましたよ!しかし、その状態に慣れるまでには、何かを犠牲にしなければならないのも事実。現に僕は時間がなかなか取れなくてブログの更新もおろそかになってしまったのが残念でしたが、ようやくブログを書く時間もとれるようになったのが、もうひとつの仕事に慣れてきた気がしています。

いくつか仕事をすることは僕にとっては自分の将来のためには必要なこと。
であれば、それがつらいとか、大変だって言っていたらアホらしいですよね!

トランフォーメーション・ゾーンを理解していない

ちょっと間が空いたから忘れちゃいましたよね。
目標達成に失敗する6つの理由の5つ目の原因です。

トランスフォーメーション・ゾーンっていったいなんぞや?って思うでしょう!
簡単に言うと、チョットした停滞期みたいな瞬間です。

実は目標達成に不都合な3つの理由が存在します。
・コツコツやっても変わらない(自分の想像の範囲の中での成長しかしていない)
・チャレンジしても変わらない(変わった気になる。チャレンジの先)
・旅をしても変わらない(人生観や価値観が広がったりはするが、、、)

「これやったら人生変わるかも」って自分に課してチャレンジすることってありますよね?
分かりやすいもので言うと“マラソン“

「完走したら人生変われるかも」って意気込んでチャレンジする人っていますよね?
でも、実際マラソン完走したところで人生変われたら、マラソンランナーは毎日人生変わっちゃいますよね(笑)

それが「変わった気になる。」です。
自分が何か変化するために行動しているってことは、確かに素晴らしいことです。

しかし、それで満足してしまっている状態は成長の妨げになります。
これは、満足の罠にハマっている状態です。

行動を起こせる人は素敵ですけど、意識の変化と現実の変化をしっかりと見極めないと、意識の変化のみをし続けるだけで終わってしまうって場合があります。
これにハマってしまうとノウハウコレクターになってしまっている人になりがちです。

流れと順番

実は人生での得たい現実を手に入れるには、人生が変わって行く「流れ」と「順番」を理解する必要があるんです。
だって突然ゴールが目の前にあるわけないですもんね!

車も今やオートマチック車だから分かりにくいでしょうが、1速から2速、3速、4速と順番に早く走るためのギアにチェンジされています。
1速から5速にギヤが変わったら早く走ることはできません。

人生が変わって行く流れにも順番がちゃんとあります。それは人それぞれでマニュアルがあるわけではないから難しく考えてしまうかもしれませんけど、ちゃんと順番と流れさえ間違えなければしっかりと成長はしていくものなんです。
しかし、そこに人生が変わる前には必ず「苦悩」があることを理解しなければならないよってことなんです。

例えばダイエット。最初の1ヶ月から2ヶ月は真面目に取り組んでいれば目に見えて体重も減って行きスタイルも変化していくでしょう。
しかし、ある月から変化が見られないようになって行きます。そして、ここで諦めてしまうって人が多くいるんじゃないでしょうか?

どこかで必ずやってくる停滞期、ここを乗り越えることも目標に入れておかないと「なんだ。全然ダメじゃん!」って自分に言い訳をしてやらなくなることが起こります。
順番として停滞する時間が必ずあることも理解しておくことが重要だと思います。

捨てる

そして最後に捨てること。
捨てるって何を?って思うと思いますが、自分を捨てるってことです。

ただし健全に自分を否定すること。
僕は目標達成に失敗する理由を書いてきています。
自分自身が何の変化も起こさなくて良いのであれば、自分が望んでいる現実と言うのは作られているってことになりますよね?

であれば、今の自分に必要であっても将来の自分に必要でないものがあったら捨てることから始めるってやってみる価値あると思いませんか?
現時点で出来ていないのであれば、自分自身の何らかを変えていく必要があるという事です。

そのために何を捨てるか...それを見つけるのも必要な行動だと思います。
停滞期とは書きましたが実際は停滞をしているわけではないんです。
物凄く微妙に成長して、ガクンと落ち込んで、またちょっと成長しての繰り返しで物凄く緩やかな勾配で上がってはいるんです。その部分をトランスフォーメーション・ゾーンと言うんです。

そこで諦めちゃったら勿体ないよ~ってこと。そして、目標達成に失敗する理由の一つでもあるってことなんですね!

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


カテゴリ:ビジネス  [コメント:0]

フィードバックを活かしていない!

目安時間:約 6分
電車で移動中の出来事、隣で話しているOL2人の会話が耳に入ってきた。
彼女らの会話を聴こうと思っていたわけではないので、たまたま耳に入ってきた出来事です。

と言うのも話の内容自体は覚えていないんですけど、A子さんが話すとB子さんは必ず自分の話しで会話を返していたので、こんな人とは会話したくないな~って思ったからです。
これ、自分の先輩たちにも居ましたね!必ず自分の話しに持っていく先輩と、自分の話したいことが頭に浮かんだら、自分の話したいことに興味が持っていかれて他人の話を全く聞いていない先輩です。

ある得意先さんが会社に遊びに来たときに、今や世界的にも有名になった起業家の話になったときです。
何でもその起業家さんが一躍有名になったビジネスをやるきっかけになったのが、ウチの会社に遊びに来ていた得意先さんの会社の人との会話だったって話しです。

僕からしたらその話をもっと詳しく知りたかったです。そして、当然その話をした彼ももっと話したいって雰囲気ありありです。
しかし、私の先輩は学生時代その起業家さんがバンドマンだったらしく良くライブハウスでその起業家さんのライブを見ていたって話を間髪入れずに話し出すではないですか!

その得意先さんのテンションはダダ下がりですよ!
それって営業職だったんだから、当然得意先さんの話を散々聞いてから自分の話をするのがセオリーなハズだ。

しかし、わがままがまかり通った営業マン時代が長かった結果、自己成長を目標とせずに、ただ自分が楽しければそれで良しを求めて言い訳だらけの人生を送った結果が長いものには巻かれるけどそれ以外には自分勝手って特技を手に入れてしまったんです。
自己成長を望まない人って他人の話しも、他人の意見も聴くことは苦手なんでしょうね。

フィードバックの本当の意味を理解していない。

そもそもフィードバックを反論や、否定だと思っているんじゃないでしょうかね。
「俺の言うこと聞かない」や「逆らった」って感情に直結してしまいます。

それに、フィードバックする人を遠ざけることにより、自分の安全領域を広げて、よりぬるま湯につかって大満足って行動すらします。
そこまでしなくても大丈夫なのに、だってフィードバック=否定ではないんですから!

むしろ、あなただけの為の大切な情報なんです。
それなのにその意見には決して耳を傾けずに言い訳をする人って沢山いますよね!?

あなたの周りにもいっぱいいませんか?

もう2度と、同じ理由で失敗しない

何度も同じ否定的な自分への意見を聞いたことないだろうか?
なぜそれを言われるんだろうか?そのフィードバックを言ってくれた人に、もっと深堀して教えを乞う行為をすることが出来れば何度も同じことで否定されることがないと思いませんか?

もし、いまだに同じような嫌悪感を他人に与えているのであれば、相変わらずフィードバックを活かせていない毎日を送っているんではないでしょうか?
自分への否定的感情ってなかなか気が付くことが出来ません。

ましては自分を本当の自分より高く評価している人であればなおさらです。
忌憚のない意見を言ってもらえる環境をつくることの出来る人間こそが成長し続けることの出来る人間です。

本当の理由を聞きていない

「なんで?」って言われたときに人は本当の理由を余り言うことはありません。
なぜかと言うとその人も本心は嫌われたくないからです。

でもその人から本心を聴くことの出来る状況を作り出すことが出来るのであれば、包容力のある人間として魅力がにじみ出ている感じに成ります。
嫌だって表現は、その人から見たらやめて欲しい行為です。それはその行為さえなければあなたのことは好きですよって事にもなります。

僕は嫌いな人が自分からしたら嫌な行為であっても注意もしなければ怒りもしません。
なぜならその人が嫌いだからです。だって僕が怒って文句を言って、その人が気が付いてその行為を改善してみてください。僕が感謝されちゃうじゃないですか!

嫌いな人は嫌いなままで充分ですよ。まあ、僕は性格悪いですけど、ストレスのたまらない生き方だと思っています。
因みに僕は嫌いな人がいますよ!それはあと何か月かしたらブログでアップしようと思っています。

だけど「〇ね!」とかは思っていないですよ!
ただただ嫌いってだけですね(笑)でも、頑張っても欲しいですけどね。

それはまた後日ですけど、とにかく、人の意見は聞きましょうってことが目標達成に失敗する6つの理由の1つのフィードバックを活かしていないってことです。
でも、例えばあなたが新しい行動を起こそうとすると大半の人は「辞めたほうが良いよ」って言います。

その新しいことって成功する可能性は極めて低い事が大半です。
でも、失敗を繰り返してこそ、成功が待っているのにその挑戦もしない人間が否定をしてきます。

そして、数ある失敗の一つだけをとらえて「ほら!言わんこっちゃない」みたいにしたり顔で「俺はやめろと言ったぜ!」って鼻高々な表情です。
それに対してはフィードバックとは違いますから!

その見極めは大事です。成長しようと行動している人間を否定する人は相手にしないことが懸命だと思いますから。
カーネル・サンダーズの人形ってなんであんな老人だと思いますか?

それはカーネル・サンダースが70歳の時に起こした事業が成功したからです。その成功したビジネスが「ケンタッキー・フライド・チキン」です。
彼は1度の失敗でくじけてなんかいませんよ!

何と1009回「NO!」と言わているんです。
あなたは自分の手に入れたい現実に対して100回”NO“と言われる頃には成功しています!

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

カテゴリ:ビジネス  [コメント:0]

3.やるベき事をやらず、我流でやろうとする人は~

目安時間:約 6分
ある情報によると痛風の痛みは、人間が経験しうる痛みの13位って書いてありましたよ。
13位って微妙ですけど、陣痛が7位に位置しているし、出産を経験することのない男性に圧倒的に痛風の発症する率が高いらしいですから。。。

これは、まさかの奥さんと子育てを一緒にすることのない旦那さんに痛風の発症率が高いんではないかって思ってしまったんです。
なぜなら僕が痛風だからです。そして、子育てを積極的に参加しているかと言えば、そうではなさそうですからね!

子どもたちは大好きですけど、二人が赤ちゃんのときに、オムツを交換したかと言えば指で数えることが可能な回数で、しかもおしっこだけです。
うちの奥さんに任せっぱなしなサラリーマン時代ではありましたね~。

サラリーマン時代は時間がなかったみたいな言い訳をしましたけど、確かにウチの奥さんは大変な苦労を掛けていますよ。
そのバチが当たったのかの如く、自分が知っている痛みの中で間違いなくベストワンの痛みですよが人生2度目の襲来!

因みに「キング オブ ペイン」と呼ばれている尿管結石程は3位です!
激痛ランキング是非見てみてください。あくまでも参考までにでね!

痛風の痛みは左足の親指の付け根の腫れから来ました。一番痛い時期が今回は5日ひかなかったですね(>_<)
クリームパンみたいにパンパンに腫れまして、寝返りも打てないし、お風呂入ってもシャワーの水があたるだけでも痛いんです😢

痛風の痛みってピークは3日位らしいんですけど、今回長引いてしまったのは原因があるんです。
それは、自己判断!しかも、2度目の痛みの発症なので薄れている知識の中で自己流で解決しようとしたことが原因だったんです。

守破離のプロセス


3、やるべきことをきちんとやらずに、我流でやろうとする

痛風って病院に行っても血液検査して尿酸値を下げる薬を処方されるって流れなんです。あとは自然療法、要するに節制生活です。

だから病院行っても劇的に治る薬があるわけではないんですね!
そして、痛みが発症した時に尿酸値を下げる薬を服用すると、余計に幹部が晴れてしまうんです。

それをすっかり忘れてしまい、痛くなったので尿酸値を下げる薬を飲んだしまったんです!それが、腫れと痛みが引かない原因だったんですけど、なにせ最初に痛風が発症したのが3年~4年前だったんです。
だから、当時医者に言われた事もすっかり忘れてしまい、薬を服用するという自分に対する反逆行為をした結果なんです。

これは、まさしく我流ですよ!
「守」~先ず教えられた通りにやる。
「破」~そこから自分に合った形を考える。
「離」~自分のものとなる。

病院に行かなければならない症状はこのようにいかないでしょうけど、それでも健康管理であれば守破離は適応できると思いませんか?

守破離~

「守」が出来ていないうちから、自分の形を求めようとしても上手くいくことはありません。
「破」が出来ていなければ、いつまでたってもコピーに陥ってしまいます。つまりは自分の知識にはなっていない状態ってことです。
そして、「離」が出来なければ、それをマスターしたとは言えない状態、「知ったかぶり」、「にわか知識」って言われている人がその状態です。

そのような人は意外と、「守」が上手くできていない状態だと思います。
つまりは、そのことについて無知であるか、うわべだけで間違った情報をインプットしている状態でいて、尚且つ過去の記憶が間違っているのに人に話すタイプ「思い込み」や「プライド」が高い人に多いんですよね~(笑)

そして、なにかと言い訳の多い人に多い気がしています。
本当ならば、どんなに理不尽に思えたり、非効率だと思えたとしても、自分がその教えを選んだのであればプライドを捨てて行動することが大事なんですけどね!

オリジナルになるには、まず基本が大事なんです。ピカソは普通の絵も上手に書けますし、そのように成功している人は全てにおいて基礎がしっかりしているものです。
オリジナルになるにはまず基礎ってことなんです。守っても守っても滲み出てしまうものがオリジナルになるんです。

基本を守りもしないで我流に走ることはオリジナルでは決してないってことなんですね!
それにはオリジナルになっている人を徹底的にコピーすることが大事です。

既にあなたが欲しい成果を手にしている人のマネをすることも大事です。徹底的にです!
それにより、最短最速でゴールに向かうことが出来るんです!!


!!!でも、「そうか、なるほど!」って思うのは自由です。言っていることは間違っていません。
しかし、注意して欲しいことがあるんです。まず本当にやりたいことかどうかをもう一度考えてから上記の守破離は実行すべきなのです。

誰かに言われて言われるままに、「そうしなきゃ!」って思ったのであれば洗脳に近い状態です。
その状態で意気込んで更に高いお金を払って勉強するってなったら、そのお金は帰ってきません。
これ、セミナー系で多いです。そしてセミナーが悪いわけではないです。

自分の人生の目標にあっているセミナーであるかが問題です。
あと、今の時代は高額な金額を出さなくても勉強はいくらでもできます。

そして収入を今よりも上げることもできます。
そして、勉強にしても何十万も払わなくてもできます。何十万も払って勉強していいのは自分がそれだけ払っても懐が痛まない状態になってからでも、遅くありませんから!

でも、我流は腫れと、痛みが好きなMな人にはお勧めです!(笑)



あなたも令和のビジネスを始めませんか?
一般社団法人ビオバボ
↑ここをクリック
紹介者欄は安達由太加にて!
お小遣い案件・FX・物販・イベント・インフルエンサー育成
誰に対しても貢献できる活動がいっぱい!



にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


カテゴリ:ビジネス  [コメント:0]

1 2 3 36
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ページの先頭へ