趣味は人間ウォッチング?

目安時間:約 6分

久しぶりに居酒屋に行った。
居酒屋というかお酒を飲みにいったが正解かも知れない。

 

というのも僕が行ったのは日〇屋ってラーメン屋さんだからだ。
サラリーマン(今はサラリーマンではない)には非常に助かるリーズナブルで懐も余り痛まない良心的な金額の所だと思っている。

 

以前は僕は結構はハードユーザーの方であったけど、今は仕事を終えてに帰ったらセールスライティングの勉強をしているのであまり出歩くことがなくなったからだ。

 

しかし、月に1度くらいの飲みは良いですね!

しかもまだまだ取り敢えずビール世代としてはついついビールを飲みたくなる気候ですしね。

ぼくの良い行く日〇屋さんは外国人の方が働いている所が多い。
都内は特に多いんですかね?どの場所の日〇屋に行っても多い気がする。

 

この前入ったところでは特にサービスが良いとか悪いとかそんなことではなく安く飲めるのだからそこはどうのこうのいうつもりはない。

 

ただちょっと面白いと思う事があった。

 

外国人の方々と言っても色々な国の方々が働いていらっしゃると感じる。
特にアジア圏と方々が一生懸命働いていて、テキパキと動かれているのですがそれを見ていてちょっと面白かったというかふう~んって思う出来事があった。

 

これは僕の完全なる偏見だと思うので気を悪くするかも知れないです。

 

その日の日〇屋では主に女性が2人働いていて店の切り盛りをしていた。一人は中国系の方ぽくもう一人はフィリピン系の方

どちらもの方も一生懸命だし何も悪い感じもない。

 

2人の仕事はお客からの注文を受けてお酒やつまみを提供しているだけでなく簡単な洗い物もしていた。

忙しいのか物は落とすし、しまうときには乱雑にしまうので食器やグラスの当たる音が物凄くでかい!
本人はそんなのお構いなし。

 

兎に角一生懸命しているからしょうがないって思うし、こちらは友達との会話に夢中だ。

でも僕らの席はその洗い物をしたりする場所のすぐそば、
結構気になてしょうがない。。。

 

お店も忙しい時間帯だったのでアルバイトの子の乱雑さが増して音も大盛りサイズになってきたちょうどその時だった。

もう一人のアルバイトの子がもうちょっと丁寧にやらないと音うるさいよ
って注意というか優しく言ってあげていた。

 

それで気が付いたのかその後は注意して洗い物をするようになり、頼んでもいない大盛りサイズの音量は店内に響かなくなった。

 

この話し、あなたはどちら国の子が大きな音立てて仕事に没頭していたと思います?

 

ぼくはこの時、人を偏見や固定観念で判断するのは良くないなって本当に思いました。
この話しは外国人の方だからってことでガチャガチャ大きな音たてて作業しても気が付かないって思う感覚が自分の中に少なくともあったという事実。

 

更に中国系の人たち方で結構音を気にしない人多いって思う偏見。
そうなんです、フィリピン系の方が音も気にせずにガチャガチャ大音量たてて仕事に没頭されていたんです。
そして優しく注意する中国系の方。

 

何処の国の人がどうのこうのって気が付かない場所でもないんです。

というのもこの前飲んだそのお店は秋葉原にある場所だったんです。

 

YODOBASHI行ったときに思いませんか?

あそこで働いている中国人のかたの対応物凄く親切で丁寧ですよね!
YODOBASHIの社員教育が行き届いているってのも有るのでしょうけど、本当に関心しますよ。

 

偏見で人を判断するのは良くないですね。
アルバイトの子が日本人でも音に気づかずに仕事する人だったいるまはずです。

決めつけて物事を考えてしまうと人のもっと他の良い所って見えなくなるんですよね。

 

普段おとなしい子なのにまさかあんなことするなんて!

って事件有るとよく耳にしますよね。

これも決めつけですよ、だっておとなしい子だったらどんな子かなんてわかるわけがない。
話したことないでしょうし話題にもなったことないでしょ!

 

偏見をなくすことが自分が成長するために必要だって思いました。

しかし他人の心まで理解るするのは難しいですからまず話す。

話すことが出来ない今回みたいな店員さんとかならじっくり観察してみるといい所が見えてくるとおもいます。

 

人間ウォッチングにはまりそうになった久々の飲みでした。

にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村">

カテゴリ:free  [コメント:0]

やっと静寂な日常がやってくる

目安時間:約 4分

1か月以上続いた長い喧騒というか騒音?から解放される日がやってくる。

これは僕の気持ちより、むしろカミさんの気持ちであろう。

 

ウチには8歳の男の子と5歳の男の子が居る。

彼らは夏休み。お分かりではあるだろうが長い長い彼らの夏休みが本日をもって終了した。

 

今年の夏は例年以上の猛暑日続きで、外で遊ばすことが出来る状態でない日が幾日もあり家の中でエネルギーを持て余した子どもたちが暴れまわっているご家庭も少なくなかったんじゃないでしょうか?

 

兎に角、男の子2人は元気だ!元気すぎてウルさいのは仕事が休みの日に確認してわかってはいるが、それを毎日のように経験しているカミさんは大変だと思う。

 

そして彼らの行動で疑問に思うことがある。

彼らの移動手段ってなんで走るなんだろう?家の中も走る、外出ても走る、ショッピングセンターいっても走る。。。

歩くことを知らないのかって程走る。汗だらだらで笑顔。笑顔には癒されるが僕には無駄な汗にしか思えない。疲れを全く知らないのだ。そしてうちの子たちは昼寝って全くしないから夜寝る時間までたっぷりあばれる。

 

そして電池が切れるかの如くおやすみになる。

これを30日ちょっと付き合うのは僕には無理だなってカミさんに丸投げしているが、毎年生意気になる子供たちに夏の終わりと共に来年の夏は更に言うことを聞かない生意気な「がきんちょ」になってるかと思うと、また訪れるであろう最近の猛暑よりも怖い気もします。

 

しかし、考えてみみると毎年同じような事をむかえられるって安心は嬉しいことですよね!

 

今の仕事が安定している人は好いですけど、これから頑張れなきゃいけない人、会社勤めでその会社が業績悪く突然倒産なんて人もいなでもないであろうと思うと毎年安定しておなじような季節を迎えられるって幸せな事ですよね。

 

自分も仕事が変わって1年足らずで未だに安定していないのであれやこれや頑張っていますけど、まだまだ安定するにはほど遠く一日も早く安定した生活を取り戻すために日々頑張っております。

 

本業と共にコピーライティングの勉強もしておりますがまだこちらも仕事を受ける段階でないと勝手に決め込んで未だにこちらの営業をかけることもしてない現状に、焦燥感ばかりが募ります。

 

焦ってもなにも良いことは生まれないでしょう。

 

でも焦らずに、けど時間を掛けずに目標に向かって頑張るのって結構大変です。自分の時間を削って猛勉強していても結局は甘えも出てしまうので少しやっとけばよかったって日や、仕事の関係上の飲みが有りなにもできなかったりで1日が勉強もせずに終わると後悔してしまうが、でも次の日その分の補うほど勉強するかと言えばそこまで出来ない、そんな自分に嫌気がさすって事もしばしばですが。。。

 

兎に角自分の明るい将来の為には頑張るって行動を普通って風にしないといつまでたっても目標にたどり着かないでしょう。

 

次の暑い暑い、そしてウルさいウルさい夏休みを無事に迎えられるよう日々の努力を怠らないよう頑張ることを誓って。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ ネーミング・コピーライティングへ
にほんブログ村">

カテゴリ:free  [コメント:0]

1 10 11 12
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ページの先頭へ